ブラック企業の辞め方と簡単に辞める方法をご紹介!当月中にすべて終わる!

ブラック企業の辞め方と簡単に辞める方法をご紹介!当月中にすべて終わる!

ブラック企業の辞め方と簡単に辞める方法をご紹介。ブラック企業で働くと、簡単に辞めることができないのが難点。徐々に心をやられていき、辞める気力もなくなってしまうことに……。そこで、今回はブラック企業の辞め方と、当月に全て終わらせ、会社に行く必要がなくなる方法をご紹介します。

ブラック企業では普通の辞め方が通じない

ブラック企業では普通の辞め方が通じない

ブラック企業を辞めたい場合、普通に退職届を上司に出して辞めることはできません。普通の辞め方が通じないからブラック企業なのです。何度も退職を申し出ても、その都度突っぱねられてしまい、泣く泣く働き続けていると、次第に心が病んで辞める気力もなくなってきます。「社畜」と言う言葉が日本の現代社会にまかり通っていますが、まさにブラック企業の求める人材となるわけです。

ブラック企業で1か月で確実に退職できる辞め方

ブラック企業で1か月で確実に退職できる辞め方

しかしご安心ください。ここではどんなブラック企業で働いている人も、必ず1か月以内で退職できる辞め方をご紹介します。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法電子版(総務省)

法律では御覧のように退職を会社側に申し出て2週間後には強制的に会社を辞めることができます。実は会社側が了承するかどうかは関係ないんですね。これを利用して、会社と上司に退職届を提出すれば、2週間後には辞めることができます。これが最も合理的な辞め方。しかし、退職届を出した2週間は苦痛を伴うので、有給休暇を消化することによって、退職まで会社にほとんど行かなくすることができます。もし引き継ぎ等ある場合は、退職日を1か月後に設定すればいいでしょう。

個人でブラック企業に立ち向かう辞め方は危険。退職代行に依頼する方法

個人でブラック企業に立ち向かう辞め方は危険。退職代行に依頼する方法

しかし、個人でブラック企業に立ち向かうのは少々リスクがあります。場合によってはさらに精神的に追い詰められることにもなりかねません。そんな時は退職代行に依頼するのがいいでしょう。会社が中小企業の場合は、顧問弁護士や法律家と契約しているので、こちらも弁護士に依頼するのがいいでしょう。

法律を遵守した辞め方でブラック企業を1か月以内に退職しよう!

法律を遵守した辞め方でブラック企業を1か月以内に退職しよう!

ブラック企業を辞めるおすすめの方法は、「法律を遵守した辞め方を実践する」ことです。法を犯しているのはあくまでもブラック企業側であり続けなければなりません。また、弁護士に依頼すれば、残業代やパワハラの慰謝料の請求も退職と同時に代行してくれます。けっこうな値段となるので、こちらも必ず依頼しておきましょう。

ブラック企業の退職代行は弁護士に。辞め方はしっかりと考えよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA