教師を辞めたい。小学校は問題が多い!

教師を辞めたい。小学校は問題が多い!

教師を辞めたい。特に昨今は小学校の教師の間でさまざまな問題がおこっている様子。小学校お教師がいじめに遭っている例もあり、心の病を抱える前にすぐに辞めたいこともあるでしょう。今回は小学校の教師の問題をご紹介したいと思います。

小学校の教師を辞めたい人が増加の背景。その主な原因は?

小学校の教師を辞めたい人が増加の背景。その主な原因は?

一昔前までは、教師といえば休みが長くて子供たちと遊んでいるだけの楽な職種と考えられていました。しかし、昨今は離職率が高い仕事にも挙げられるほど過酷な労働環境であることが、教師を辞めたい人の増加の原因となっています。教師の中でも小学校の教師は特に過酷を極めます。

労働時間が長く、自宅に仕事を持ち帰るのが普通

小学校の教師は全教科をひとりで受け持たなければならないため、労働時間が長いことが辞めたい人が増加している背景にあります。上述したように、「夏休みは1ヵ月も休めるんでしょ」と思う人も多いですが、いまでは小学校の教師は夏休み期間中もほぼ毎日出勤しています。小学校の教師は学期の最中はなかなか有給をとることができませんので、多くの教師はこの夏休み期間中に自分の持っている有給のほぼすべてを使います。とはいえ、補習校、プールの監視、クラブ活動、動物の世話などが持ち回りでやってくるので、なかなか休む暇も実はありません。

小学校の教師の辞めたい理由No.1にも。「むかつく先輩に心がやられる」

基本的に公立小学校の教師は、自分が居住している指定地域内での転任となるので、地方に飛ばされることはありませんが、逆に狭い職場の中で何年も同じメンバーで顔を突き合わさなければならないデメリットもあります。しかも一般のサラリーマンと異なり部署などもありませんので、職場は1つ。1人でも嫌な先輩がいて、その人たちに目を付けられたら、自分が辞めるまでずっといじめに遭うことも……。

小学校の教師を辞めたい場合にいまからできること

小学校の教師を辞めたい場合にいまからできること

小学校の教師を辞めたいけど、一般的な半年前の辞表の提出は待ちきれない、という人は、少々強引に辞めることができます。法的には校長や教頭に退職を拒む権利はありませんし、職場内でパワハラがあったり、それが原因で心を病んでしまったりしてしまった場合は、当月にも辞めることができます。

そのため、小学校の教師を1日でも早く辞めたい場合は、まずはパワハラやモラハラを受けている証拠を集めましょう。現場の様子を録音する勇気がなければ、数か月程度毎日日記をつけるといいでしょう。日付けと名前を書いて、具体的にその時の様子や、言われた言葉などを記載すると、それを証拠とすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA