仕事を辞めたい!有給をすべて消化する方法

仕事を辞めたい!有給をすべて消化する方法

仕事をいますぐに辞めたいけれど、溜まっている有給休暇を消化できるか心配。という方は多いことでしょう。そこで、今回は仕事を辞めたい場合の有給休暇をすべて消化する方法をご紹介します。

正社員が仕事を辞めたい!有給休暇は必ず発生する

正社員が仕事を辞めたい!有給休暇は必ず発生する

まず、時折いただく問合せの中で、「うちの会社は有給休暇はないって言われたのですが……」という内容がありますが、有給休暇の有無は会社が決めることはできなく、法律で定められていて、半年間8割以上勤務を続けると自動的に発生するものであり、これを会社が無しにすることはできません(労働基準法第39条)。

有給休暇の取得は労働者の権利

有給休暇の取得は労働者の権利

有給休暇の取得は労働者の権利であり、これを会社側が妨げてはいけません。また、会社側が「いまは業務が忙しい時期だから」という理由で労働者の有給休暇の取得を拒否することもできません。もっと言えば、有給休暇の内最低年5日間は、労働者が休暇日を指定し、会社側は従う必要があります。それ以上の有給休暇に関しては、会社と労働者が双方協議の上取得日を決めることができます。

仕事を辞めたいときの有給休暇の消化は可能?

仕事を辞めたいときの有給休暇の消化は可能?

もし会社側と対峙してでも有給休暇の取得をした上で会社を辞めたい場合、法律を盾に有給休暇を正当に取得することができます。例えば有給休暇が残り20日分残っているとすると、当月末の退職の場合は1~10日まで出社し、残りは有給休暇を当てます。しかし、会社側がブラック体質の場合は、「いまは人手が足りないから無理」などと拒否をする可能性がありますが、上述したように、本来会社側に拒否権はありません。

そのため、実力行使で行くならば、例えば便箋に「11日から退職日の30日まで有給休暇を取得します」と書いて会社の総務に送れば、それで法律上は取得することができますし、会社側は有給休暇を当該社員に与えなければなりません。

有給休暇を取得して仕事を辞めたいけど勇気がない。そんなときは?

有給休暇を取得して仕事を辞めたいけど勇気がない。そんなときは?

有給休暇をすべて取得した上で仕事を辞めたいけれど、その勇気がない場合は、退職代行に依頼してみてはいかがでしょうか。弁護士でも退職代行業者であれば安く請け負ってくれますので、有給を取得できない、もしくは一部しか消化できないで仕事を辞めることになるよりは依頼した方が絶対にお得です。

弁護士だから実現する確実な退職と有給休暇の取得

退職代行は弁護士と民間のいずれかに依頼することができますが、有給休暇や退職金のような金銭が絡む事案は弁護士しか交渉することができません。言い換えれば、弁護士に依頼すれば100%有給休暇を取得することができます。弁護士というと大それたイメージですが、退職代行を請け負う弁護士はざっくばらんですし、何よりもLINEのテキストチャットですべて依頼することができます。是非一度相談してみてください(無料)。

弁護士法人「みやび」(退職代行)

弁護士法人「みやび」は、退職代行を請け負う老舗。無料LINE相談&依頼ができて、日本全国対応。退職だけではなく、有給取得や退職金、慰謝料請求などもオプションで対応可。民間業者では不可能な弁護士ならではのサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA