退職代行を弁護士に依頼。安い?料金事情を紹介

退職代行を弁護士に依頼。安い?料金事情を紹介

退職代行を弁護士に依頼しようと、全国の弁護士事務所を調べてみると、「料金の安い高いはサービスの質に影響があるのか?」とふと疑問に思うこともあるでしょう。失敗は許されない退職代行。確実に任務を遂行してくれる弁護士に依頼したいところですね。そこで、今回は高い安いの料金の違いをご紹介します。

弁護士に退職代行を依頼。料金相場はどのくらい?

弁護士に退職代行を依頼。料金相場はどのくらい?

退職代行は民間業者と弁護士が依頼を受けていますが、民間業者の料金相場はおよそ3万~5万円。最も安い3万円は、アルバイトやパートタイムの人が主な対象です。もし一般社員も3万円程度で依頼できるのであれば、例えば「有給休暇の消化依頼は追加で〇〇円」といったようにオプションで料金が徐々に上がってくる仕組みが多く見受けられます。

一方で弁護士の料金相場は5万~7万円となります。注意点としては、この料金で対応してくれるのは、退職代行を売りにしている弁護士事務所だけであるということ。そこらへんの弁護士に依頼すると、10万円以上はかかってしまいます。

弁護士にも退職代行のオプション料金はあるの?

弁護士は料金相場が5万~7万円となり、民間業者と比較しても2万円程度しか変わりません。また、オプションももちろんあるのですが、有給休暇の消化や離職票の請求などは料金込みで請け負ってくれるのがほとんどです。

オプションで料金がかかる場合は

  • パワハラを訴えたい
  • 未払いの残業代を請求したい
  • 会社が退職金を払わないと言っているの交渉してほしい

などです。いずれも着手金で数万円かかり、あとは成功報酬で、勝ち取った金額の20%前後を支払うことになります。
基本的に弁護士は法律で依頼を受ける前に、しっかりと明確な料金を明示しなければなりません。そのため、ぼったくられたり、あとになって思わぬ追加請求される、なんてことはありません。

なんで弁護士の退職代行は安いの?

なんで弁護士の退職代行は安いの?

上記を見ると、弁護士の退職代行費用は民間業者と比べても2~3万円程度高くつくだけで、弁護士とは思えない安い料金です。これはなぜかと言うと、退職代行を積極的に請け負っている弁護士事務所は、所得の少ない個人からの依頼を多く請け負っているため、法外な料金は請求しないからです。

また、退職代行はもともと弁護士のみが行う領域でしたが、昨今は民間業者も請け負うようになりました。そこで、弁護士も民間業者に併せて料金やサービスを同一にしている様子がうかがえます。

一方で法外な料金をとる弁護士は、「うちは民間企業とは違う。弁護士だから」という自負のもと、料金は高く設定しています。

弁護士に退職代行を依頼したいけれど、安いところでいいの?

弁護士に退職代行を依頼したいけれど、安いところでいいの?

弁護士に退職代行を依頼する場合、安いところでもいいのでしょうか。それとも安い弁護士に依頼すると、サービスや質が悪いのでしょうか。

結論から説明すると、そんなことはありません。上述したように、昨今は民間業者の料金体系に合わせて料金を低く設定している弁護士が多くなっています。こういった弁護士は、むしろ一般企業の良質なサービスを取り入れているので、よりサービスは高いものとなります。

例えば、弁護士にありがちな「相談料を無料」としたり、「LINEのテキストチャットで問合せと相談ができる」サービスを実施するところもあります。弁護士というだけで物言わぬ高いハードルがありますので、チャットで相談できるのは嬉しいサービスですね。

大満足!安い弁護士を探して退職代行を相談してみよう!

大満足!安い弁護士を探して退職代行を相談してみよう!

料金がほとんど変わらないのであれば、安さで弁護士を選ぶのもいいですね。また、退職代行の実績の多さも大切です。できるだけまとめサイトやランキングサイトで紹介されている弁護士を選ぶと、より安心できますね。

LINEで無料相談できる弁護士はココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA