退職代行を利用。派遣も辞めることができる?おすすめ業者も紹介!

退職代行を利用。派遣も辞めることができる?おすすめ業者も紹介!

理不尽な勤務形態が問題視されている派遣社員は、辞めたいときに辞めることができるのでしょうか。また、退職代行を利用すれば、スムーズに辞めることができるのでしょうか。今回は派遣が法的に仕事を辞めるポイントと退職代行の可否をご紹介します。

退職代行を利用する前に!派遣はいつでも辞めることができる?

退職代行を利用する前に!派遣はいつでも辞めることができる?

退職代行を利用するしないの前にまず知っておきたいのが、「派遣はいつでも辞めることができるのか」というものです。また、労働者は民法で2週間前の退職の宣告で会社を辞めることができますが、派遣も同じく2週間前に辞める旨を申し出れば、会社を辞めることができるのでしょうか。

派遣社員のほとんどは有期雇用となり、契約期間が定められています。上述した2週間後の退職が可能なのは、無期限の労働者のみなので派遣社員は当てはまらない人がほとんどとなります。基本は契約満了まで働き、その後は更新しないというのが、派遣が仕事を辞めるセオリーとなります。

実は派遣はいつでも辞めることができる理由

実は派遣はいつでも辞めることができる理由

しかし、どうしてもいまの派遣の仕事を辞める必要がある、もしくは辞めたい場合は、契約満了はおろか、いますぐ辞めることも実は可能です。労働者は「止むを得ない事由」があれば、いつでも会社を辞めることができます。この止むを得ない事由とは、例えば病気や家庭の都合、引っ越しなどが挙げられますので、あまりよくないかもしれませんが、理由をでっち上げれば辞めることができるでしょう。

また、「会社から突然辞めることで賠償金を請求されないの?」という人もいれば、リアルタイムに実際に請求されて悩んでいる人もいるかもしれませんね。結論から言うと、派遣は賠償金を払う必要はありませんし、仮に請求されても無視すれば事足ります。例えば最初の派遣社員が交わす契約書に、突然の退職を理由に賠償金を請求したり、賠償金の金額を決めることは法律で許されていません。これは憲法にある職業選択の自由を奪う行為に当たると考えられているからです。

派遣会社は闇が深い。辞めるなら退職代行を利用するべきわけ

派遣会社は闇が深い。辞めるなら退職代行を利用するべきわけ

派遣社員が派遣を辞める場合、働いている職場に辞める旨を告げるのではなく、派遣元の会社に告げることになります。なぜなら出向型の派遣の場合は、社員は派遣元と出向先の企業間で契約が交わされているため。もし派遣の雇用契約を職場の会社で交わしているのであれば、職場の上司に辞める旨を告げるといいでしょう。

ただし、派遣を辞めたいと悩んでいる方の多くは、派遣元、もしくは出向先の職場でパワハラや過酷な残業、休日出勤など理不尽な勤務体系を強いられていることでしょう。このような職場や派遣元の会社はブラック企業が多いので、単純に辞めたいと言って辞めさせてくれないことがほとんどとなります。上記のように賠償金を請求されても払う必要はありませんが、高圧的にプレッシャーをかけられたら普通はどうすることもできません。

退職代行ならば派遣を簡単に辞めることができる

退職代行ならば派遣を簡単に辞めることができる

退職代行に依頼すれば、弁護士が代理で会社を辞める旨を派遣元に交渉してくれます。交渉といっても、これは辞めるための手続きのようなものなので、ほぼ100%辞めることができます。

派遣を辞めるなら弁護士「みやび」に相談を!LINEですべて片が付く!

弁護士というと、ちょっと大それたイメージがありますが、民間弁護士はそんなことありません。また、ここで紹介する「みやび」は退職代行に特化した弁護士で、「電話や直接会うのがちょっと怖い」という人のために、LINEのテキストチャットですべて終えることができます。是非一度ご相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA