うつ病で仕事に行けないときの最も簡単かつおすすめしたい辞め方

うつ病で仕事にいけないときの最も簡単かつおすすめしたい辞め方

仕事でのストレスやパワハラ、セクハラ、過剰な残業により、うつ病や自律神経失調症に陥ってしまい、仕事にいけないという場合はどうすればいいのでしょうか。会社を一刻も早く辞めなければ自分の将来に関わってきます。しかし、転職までお金も必要ですね。今回はうつ病で仕事に行けない場合のするべきことをご紹介します。

うつ病で仕事に行けない場合は、まずは診断書を貰おう

うつ病で仕事に行けない場合は、まずは診断書を貰おう

うつ病や自律神経失調症は仕事でかかる心の病で最も患者数が多い症状です。うつ病含む精神疾患は、目に見える症状ではなく、他者からすると健康にさえ見えることがありますので、なかなか理解してもらえないことがあります。「根性がないからだ」、「自分に厳しくすれば治る」といったパワハラ上司もまだまだいますね。

そのためうつ病で仕事に行けない・行きたくない場合は、まずは病院に行ってうつ病であることの証明として診断書を書いてもらいましょう。うつ病というのは、病院で診断されてはじめてうつ病であることが社会的に認められるからです。

うつ病で仕事に行けない原因は何?実はこれが一番重要な要素

うつ病で仕事に行けない原因は何?実はこれが一番重要な要素

うつ病で仕事に行けない原因が、まずは会社側にあることを確かめましょう。

  • パワハラやセクハラをしてくる先輩上司がいる。
  • 過酷な強制的な残業で体調を壊してしまった。
  • 会社側がパワハラや違法なまでの残業を黙認している。

仕事のせいでうつ病になる場合は、上記のいずれかが当てはまるのではないでしょうか。この場合はいずれも会社側は、従業員に違法行為を働いていることとなります。しかし、ただ「パワハラされていました」と訴えても、証拠がなければ、パワハラ上司も会社側も真っ向から否定することでしょう。

なるべく早く証拠を集める

その証拠を使うか否かは別に、パワハラや違法な過剰残業を強いられているのであれば、その時点から証拠集めは絶対にするべきです。パワハラの証拠は音声があれば確実なのですが、そうでない場合も、日記のように何月何日にどんな言葉を誰から言われたのか、など具体的に書けば、それが証拠となります。また、違法残業に関しては、会社側が黙認しているのが普通です。タイムカードや退社ボタンを18時に押しておくように言われてはいないですか。これとは別に、エクセルで本当の退勤時間をメモしておけば、それも証拠となります。

うつ病で仕事に行けない!でも会社を辞めたくない場合

うつ病で仕事に行けない!でも会社を辞めたくない場合

うつ病で仕事に行けないけれど、今の会社は辞めたくないこともありますね。会社側が「うつ病を治したあとは、部署を異動する」、「パワハラした上司を解雇する」といった配慮があった場合です。この場合のやるべきことは、まずは会社側に数か月の休職の申し出、そして、休職中の給料の有無です。法律をもってしても、休職期間中の給料は会社側は支払う必要はありません。しかし、その場合は社会保険から給料のおよそ3分2が支払われますのでご心配ありません(社会保険加入が条件)。ただし、上記のような会社側の配慮がある場合はいいのですが、そうではない場合、根本的な問題が解決されないため、休職したとしても、その後の職場復帰で再びうつ病になる可能性が高いです。その場合は思い切って会社を辞めることを決断するのが得策と言えます。

うつ病で仕事に行けないから、今の会社を一刻も早く辞めたい!

うつ病で仕事に行けないから、今の会社を一刻も早く辞めたい!

うつ病で仕事に行けない場合は、やはり「退職」という選択肢をとるのが自然です。会社の風紀というのはそう簡単には変わらないからです。そして、今の会社を辞めたい場合は自己都合退職という形となりますが、この場合は失業保険の受け取りまでに待期期間がおよそ2か月あります。

そのため、手持ちのお金がない場合はどうすることもできませんので、うつ病で仕事に行けないことを理由に、会社側に慰謝料を支払ってもらうことも視野にいれるべきです。慰謝料を請求というと、何だか大袈裟で大事な感じがしますが、実際はそんなことありません。会社側も一従業員のせいで会社の評判を落としたくはありませんし、裁判になって出廷する時間もありません。そのため、証拠さえそろっていて、会社側に明らかな違法性があれば、会社も認めて示談金として要求した金額を支払ってくれるはずです。

退職の要求も慰謝料の請求も退職代行にお任せ

うつ病になると、仕事に絡むすべてのことが嫌になってしまい、会社を辞めますの一言も言えなくなってしまいます。また、慰謝料の請求も、自分が会社側に訴えたとしても、会社は聞く耳をもってくれないかもしれません。そんなときは、退職代行の専門家に任せるべきといえるでしょう。一度退職代行に依頼すれば、あとはすべて代行がやってくれますので、自分ですべきことはありません。

おすすめしたい退職代行はココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA