休日出勤や残業が続くから辞めたいのはあり?退職すべき人と対処法

休日出勤や残業が続くから辞めたいのはあり?退職すべき人と対処法

休日出勤や残業が毎日続く従業員で「辞めたい」と考える人は大勢います。ここでは退職すべき人とそうでない人、及びスムーズな退職にあたっての対処法を紹介します。

休日出勤や残業が当たり前/常態化の従業員が全国で多数いる背景

休日出勤や残業が当たり前/常態化の従業員が全国で多数いる背景

日本全国には会社のために休日出勤や残業といった行為が常態化している従業員が数多く存在します。しっかりと残業代や休日出勤手当を支払ってくれる会社であればまだしも、代休や振休をとらせてくれなかったり、サービス残業を強いる会社は珍しくありません。

無論日本だけでなく、そのようなブラック企業は世界中に存在しますが、外国の場合は従業員がストライキやボイコット、訴訟に即走るため、このような労働法に違反した企業はほどなくして倒産し、淘汰されていきます。一方で日本人はストライキや訴訟といった行動に出る人が少なく、“解雇を恐れて我慢”してしまう人が多い印象です。そのため、ブラック企業は反省することなく、従業員にさらに休日出勤やサービス残業を強いることになります。

休日出勤が多い業界はどこ?多くの従業員が辞めたいと考える業種を紹介

休日出勤が多い業界はどこ?多くの従業員が辞めたいと考える業種を紹介

就業規則にも記載されていることがほとんどですが、企業が休日出勤を従業員に要請すること自体は違法ではありませんし、三六協定を結んでいれば従業員に残業を依頼することは可能ですが、無給であったり三六協定に違反した労働時間を強制させるのは間違いなく違法となります。

  1. 医療、福祉
  2. 鉄道、航空、運輸業
  3. 警備、清掃、設備管理業
  4. 電気、ガス、熱供給、水道業
  5. 情報通信業

上記は厚生労働省の就労条件調査による休日出勤が多い業界となります。上記の中でも「情報通信業」はアンケート調査においても「サービス残業が多い」、「休日出勤しても手当が支払われない」といった従業員が多く、辞めたいと考えている人が多いようです。

休日出勤はおかしい?違法じゃないの?予定がある場合は断ることができる

休日出勤はおかしい?違法じゃないの?予定がある場合は断ることができる

まずは自分が勤めている会社の就業規則を確認してみてください。休日出勤や残業に関しては以下例文が定型文として見受けられます。

「会社は業務の都合により所定労働時間を超えた労働、休日の労働を命じることができる。従業員は正当な理由なくこれを拒否することはできない」

会社側が三六協定を結んでいれば、「労働基準法第36条(時間外・休日労働協定)について」の条文の通り、会社側は従業員に休日出勤や残業を命じることができます。

ただし、上記にも記載があるように、「正当な理由」があれば、従業員は休日出勤を拒否することができます。この正当な理由は具体的には明記されていませんが、一般的には

  • ・体調不良
  • ・自分や親類、知人の冠婚葬祭
  • ・育児
  • ・介護

なども正当な理由として休日出勤や残業を断ることができます。

会社を辞めたいとき:自分ばかりが休日出勤を命じられるけど違法じゃないの?

会社を辞めたいとき:自分ばかりが休日出勤を命じられるけど違法じゃないの?

会社によっては「上司に目をつけられて、最近は自分ばかり休日出勤を命じられる」という人もいるでしょう。中には「これ以上休日出勤が続くようなら会社を辞めたい」と考える人もいます。このように業務の割り振りに問題があり、従業員がパワハラと感じているのであれば、一度上司の上司や人事・総務に相談してみてはいかがでしょうか。

仕事の割り振りが理不尽に偏っている場合や、不必要な休日出勤を命じられると、パワハラに該当することがあります。上司や会社は、なぜ当該従業員に休日出勤を命じる必要があったのかを論理的・具体的に説明しなければならなく、それができないのであればパワハラが成立する可能性が高いです。

休日出勤が多くて辞めたい場合は転職すべき?

休日出勤が多くて辞めたい場合は転職すべき?

「休日出勤が多いから会社を辞めたいけど、本当に転職すべき」と考えている人は、一度業界事情や求人情報を収集してみるのがいいでしょう。

いまの会社を辞めて転職しても、転職先の会社も休日出勤が多ければ意味がありません。面接で休日出勤の有無や頻度を質問することもできますが、面接官に就業意欲が低いと思われる可能性もあり、実際は質問に躊躇してしまうものです。その場合は休日出勤が少ないと言われる業界や業種を調べて、さらに元従業員の口コミなどを集めたサイトで、実際の就業状況を確認してみるのが良いでしょう。

工場はどこの会社も休日出勤や残業が多い

休日出勤の頻度や月間残業時間は業界によって偏りはあるものの、会社の業務方針や社内部署・職種に依るところが大きいです。しかし、工場はどこの会社も往々にして休日出勤や残業が頻繁に発生する傾向にあります。

工場は常に厳しい納期を強いられており、またトラブルも発生しやすいため休日出勤や残業は他の業界よりも多い印象です。ただし、きちんとした企業であれば、しっかりと代休/振休はとらせてもらえますし、深夜手当を含む残業代も支払ってくれます。もし「お金は要らないから休日出勤は嫌だ」と言うのであれば、工場以外の業界・業種に転職を検討するのが良いかもしれません。

休日出勤が辛くてストレス。もう辞めたいと感じたときの退職方法

休日出勤が辛くてストレス。もう辞めたいと感じたときの退職方法

休日出勤が辛くて会社へ行くのがストレス、という場合は退職が現実味を帯びてきます。日本の2023年度の有効求人倍率は全国平均値で1.3倍。つまり1人につき1社以上の働き口がある統計となります。そのため、ストレスをため込んでまで今の仕事を働き続ける必要はないとも考えることができます。

一方で、ブラック体質の企業で働いていると、上司に目をつけられている、退職届を受け取ってくれない、上司に退職を申し出るのが怖くて言い出せない、といったケースも考えられます。一度退職を申し出て上司に断られると、明日以降の自分の職場での立場が危うくなりますので、できるだけ早く辞めたいところです。

そこでおすすめしたいのが「退職代行サービス」です。

弁護士法人みやびなら休日出勤手当・残業手当を退職と同時に請求できる

弁護士法人みやびなら休日出勤手当・残業手当を退職と同時に請求できる

東京に所在を置く弁護士法人みやびは、古くから退職代行サービスを提供する数少ない法律事務所です。弁護士資格をもってして、単なる退職手続きだけでなく、休日出勤手当や残業手当、深夜手当などの請求も同時にできるのが特徴です。

また、弁護士法人みやびは退職完了後の転職フォローを提供しているのも特徴の1つ。コンプライアンスを徹底したホワイト企業を紹介してくれることでしょう。

まずはLINEorEmailの無料相談から「弁護士法人みやび」」

弁護士法人「みやび」は東京に本社を置き退職代行サービスを提供している法律事務所です。

「無料LINE相談」、「即日対応可」、「転職サポート」、「残業代・退職金・慰謝料各種請求」に対応。退職代行の利用は基本料金5万5000円(税込み)と一般企業並みの安さも特徴。

>>弁護士法人みやびの公式HPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.