会社に行くのが怖い!明日から出勤する必要がない方法

会社に行くのが怖い!明日から出勤する必要がない方法

ストレス社会と揶揄されている日本の社会。過酷な残業や先輩上司からのパワハラやセクハラ。早朝にベッドにうずくまって「会社に行くのが怖い」と鬱になっている人も実は少なくありません。今回は会社に行くのが怖いときに使いたい、その日から出勤の必要がなくなる退職代行をご紹介します。

会社に行くのが怖いと感じている方は、すでに心の病が進行しているかもしれません。ずるずると引きずらないで、何かしらの手を打つよう行動に移しましょう。

「会社に行くのが怖い」と感じるのはいつ?

「会社に行くのが怖い」と感じるのはいつ?

会社に行くのが突然怖いと感じるようになるのは、統計的に「日曜の夜」と「朝起きた直後」です。日曜の夜は、ご想像の通り数年前に取り沙汰された“サザエさん症候群”と呼ばれるものです。土日の連休で束の間の休息を得たものの、日曜に放送されるサザエさんを見ると、「明日から仕事がはじまる……」と途端に現実に引き戻されてしまい、それが心の病となって鬱症状が出ます。

また、朝起きた直後も同様。温かいベッドの中で幸福を感じているものの、目覚まし時計の音で現実に引き戻されて、迫りくる出勤の時間に耐えることができなく、会社に行くのが怖いと感じます。症状としては突然腹痛やめまい、吐き気などを催すようになりますが、こちらも心の病の症状の1つ。

このような症状や気持ちの浮き沈みが頻繁に起こるようであれば、心の病がすでに進行を始めているかもしれません。それでも無理して会社に行こうとすると、糸が切れたようにぷつりと精神を病んでしまう可能性があります。

会社に行くのが怖いことは「普通」のこと。まずは家族に相談を

会社に行くのが怖いことは「普通」のこと。まずは家族に相談を

会社に行くのが怖いことは、何も特別なことではありません。社会人として働いている人のほとんどは経験していることですし、一度や二度ではないはずです。そのため、恥ずかしがらずにまずは自分の身の回りの人に相談してみてはいかがでしょうか。

家族であればきっと自分の背中を教えてくれることでしょうし、「家計はどうするの?」とパートナーに言われたら、もしかすると、会社に行くのが怖いという自分が抱えている大きな重圧を理解してくれていないのかもしれません。そうであれば、まずは自分の職場環境や会社に行くのが怖い理由をゆっくりと説明することからはじめてみてください。家族であればきっと理解してくれるはずです。

会社に行くのが怖いと場合のやるべきこと

会社に行くのが怖いと場合のやるべきこと

会社に行くのが怖い場合のとっておきの恐怖心の軽減方法をご紹介します。

1.自分のことだけを考える。相手のことを考えない

会社に行くのが怖いと感じる多くのケースは、「取引先との商談やプレゼン、先輩上司などの顔色をうかがっている」ことが挙げられます。要は相手にどう思われるのかが気になってしかなたない、ということです。

しかし、相手の顔色や考えをいつまでも気にしていると、それだけで頭がいっぱいになってしまい、次第に会社に行くのが怖いと思うようになってしまいます。まずは相手の気持ちを考えるのをやめ、自己中心的になってみてはいかがでしょうか。

2.自分の考えが正しいと考える

会社に行くのが怖い理由の一つに、先輩や上司からの叱咤や取引先へのプレゼン・商談の不安などが挙げられます。不安にある根底というのは、「自分の意見・提案が正しくない」ことが理由の1つにあります。そのため、「自分の考えている意見や提案は正しいに決まっている」と自分に言い聞かせることによって、会社に行くのが怖いと言う恐怖心を取り除くことができます。

プライベートの重視は、会社への不安と恐怖を取り除いてからがおすすめの理由

会社に行くのが怖いと感じた場合、「プライベートをより充実させる」方法も挙げられることがよくありますが、実はあまりおすすめできません。そもそも論として、上述したサザエさん症候群はプライベートと仕事のギャップによる軽鬱症状です。

会社へ行くのが怖いと感じているうちは、職場で不安や悩みごととなる根源があるため、それを解決するのが先決となります。

会社に行くのが怖いと感じたら、無理して仕事に行く必要はない

会社に行くのが怖いと感じたら、明日から仕事に行く必要はない

上記のように、会社に行くのが怖いと感じたら、無理して仕事へ行く必要はありません。自分の正直な心に逆らって出勤を続けることによって、うつ病を発症してしまう可能性があります。

うつ病は自分の気づかないうちに進行している心の病。「まさか自分がうつ病になるなんて……」と驚くものです。一度うつ病になると、なかなか社会復帰をするのが難しくなるので、今後の人生も大きく変わってきます。

会社に行くのが怖いと感じているいまの職場に、そこまでの価値はあるでしょうか?

もし会社をすぐに辞めたいのであれば、まずは退職代行に依頼するといいでしょう。退職代行は民間業者と弁護士事務所が請け負っていますが、スムーズに辞められそうであれば民間業者でもかまいませんが、上司が理不尽なパワハラ行為を働いていたり、会社がブラック企業の体質であれば、弁護士に依頼するといいでしょ。

退職代行に依頼すれば明日から会社に行く必要がない

なぜ退職代行に依頼すれば、明日から会社へ行く必要がないのでしょうか。退職代行に依頼すると、民間業者や弁護士が依頼者に代わって会社側に電話して、退職の手続きを取ってくれます。退職日までは最短で2週間かかりますが、その間は有給休暇の消化や欠勤(無給)扱いで休むことができますので、いずれにせよ退職代行に連絡した翌日から会社に出勤する必要はなくなります。

会社側が辞めさせてくれない、有給を使わせてくれない。そんなときはどうするの

会社側が辞めさせてくれない、有給を使わせてくれない。そんなときはどうするの

ブラックな体質の会社の場合、「退職届を受理してくれない」、「有給を使わせてくれない」といったトラブルがあります。しかし、法律では労働者(従業員)は上述したように、退職を申し出て2週間後に会社の許可なく辞めることができます。また、有給休暇に関しても、有給の取得の可否は会社側は決めることができなく、こちらも法律によって労働者は必ず取得することができます。そういった意味でも、最初から法律の専門家である弁護士に依頼するのが一番おすすめと言えます。

会社に行くのが怖いと感じたら、退職代行にLINEで相談してみては

会社に行くのが怖いと感じたら、退職代行にLINEで相談してみては

会社に行くのが怖いと感じたら、まずは何かしらの理由をつけてその日は会社を休んでみてください。コーヒーでも飲んでリラックスしたあとは、もう一度本当に会社を辞めて後悔しないか自問自答を。もし覚悟が決まったのであれば、退職代行に相談してみましょう。民間業者と弁護士いずれも相談はLINEのチャットを介して行うので、電話で話したり直接会う必要はありません。もちろん相談は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA