歯科医師の女性は悩みが尽きない。辞めたい場合の解決方法

歯科医師の女性は悩みが尽きない。辞めたい場合の解決方法

歯科医師の女性は人間関係を始めとする様々な問題がを抱えており、多くの人が仕事を辞めたいと日々悩む職場です。特に女性の歯科医師が辞めたいと考える傾向が強く、当サイトにもたくさんの問い合わせをいただきます。今回は女性の歯科医師が辞めたいと感じた場合の解決方法をご紹介します。

女性の歯科医師の辞めたい理由トップはこれ!

歯科医師の女性の辞めたい理由のトップは「人間関係」です。事務スタッフや歯科衛生士、お客などに嫌がらせやパワハラを受けて辞めたいと感じているのであれば、まずは上司に相談してみると良いかもしれません。大きな病院勤務であれば、所属を異動させてもらえることがあるかもしれませんし、小規模であれば院長に対象のスタッフを注意や解雇をしてもらうことができるでしょう。

ただし、ここで気を付けたいのは歯科医師のことを親身になって考えてくれる上司であるかどうかです。例えばワンマン経営をしているような院長が上司であれば、人間関係の悩み解消には繋がらないかもしれません。そのような歯科医院の場合は、辞めたいと思ったらきっぱりと諦めて、転職した方が人生が好転するかもしれません。

院長が歯科医師にパワハラも。辞めたい場合は辞めるのが得策

院長が歯科医師にパワハラも。辞めたい場合は辞めるのが得策

一方で個人歯科医院にありがちなのが、院長や院長の奥さんによる歯科医師へのパワハラ行為。女性の歯科医師の場合は、院長がセクハラをしてきたり、奥さんが嫉妬して陰湿ないじめをしてくる例もあります。

また、多くの歯科医師は大なり小なり自分の職業への志と夢があります。しかし、ワンマン経営の院長の従業員に対する態度や経営の姿勢についていけないときに「辞めたい」と考えるようになります。

福利厚生などあってないようなもの。歯科医師の厳しい現状

個人経営、家族経営の歯科医院の場合、「就業規則や福利厚生のルールが頻繁に変わる」ことも歯科医師が辞めたい理由に挙げられます。就業規則にある休日が確保されない、有給休暇や産休を使わせてくれない。退職金がない、などいろいろと会社として雇用の問題を抱えている歯科医院が実際少なくありません。

「長く続けられない」、「歯科医師を大切にしてくれない」と思ったのであれば、辞めるのも1つの方法と言えるでしょう。

歯科医師の女性は辞めたいと思うようになった休暇の取得をしてリフレッシュ

歯科医師の女性は辞めたいと思うようになった休暇の取得をしてリフレッシュ

歯科医師の女性が一度辞めたいと考えてしまうと、鬱々と考え込んでしまい、冷静な判断ができなくなることがあります。一度ゆっくり考えるためにも休暇を取得して、旅行や気晴らしをしてみることをおすすめします。

また、歯科医師の女性は常にお客と向き合い、前線で仕事をしています。そのため、一人で抱え込んでいると、よくない考えばかりが浮かぶものです。休日は仕事のことを考えないように、友人と遊んだり趣味を見つけてみるのもおすすめです。知人に愚痴をこぼすだけでも「私はまだ恵まれている方なのかも」、「辞めたいと考えていたけど、もう少し頑張ってみようかな」と考えなおすこともあるはずです。

辞めたいと感じたら歯科医師の業務改善や雇用契約の変更を相談

辞めたいと感じたら歯科医師の業務改善や雇用契約の変更を相談

歯科医師は業務量も多いですし、男性女性によって差があるわけでもありません。女性の歯科医師であれば、家庭との兼ね合いがある場合もありますので、長時間の労働は避けたいとこです。そのため、歯科医師としての業務量を減らし、負担軽減が可能か上司などに相談してみましょう。フルタイムが難しい方はパートタイマーとして働くのもよいかもしれません。ご自身にあったワークスタイルを選択していくようにしましょう。

もし少数の歯科医師で回しているのであれば、こちらが「もし改善されなければ辞めたいです」と多少の脅し文句をつければ、院長も改めてくれる可能性だってあるはずです。

それでも歯科医師を辞めたい!問題が解決しない場合は退職も検討

それでも歯科医師を辞めたい!問題が解決しない場合は退職も検討

女性歯科医師は辞めたいと感じたら、退職をする前にここで紹介したことを実践してみてください。それでも問題が解決しないで、「いますぐ辞めたい!」と強い意思を持っているならば、きっぱりと退職してしまっても良いかもしれません。無理をして勤務し続け、心身を壊してしまわないようにご注意くださいね。

歯科医師を辞めたいけれど辞められない問題とは

歯科医師を辞めたいけれど辞められない問題とは

歯科医師を辞めたいけれど、どうしても辞められない問題に直面している人もいます。それはどういったケースが考えられるのでしょうか。

院長が辞めさせてくれない

ワンマン経営の歯科医院にありがちなのが「辞めたいけれど院長がやめさせてくれない」というものです。「人数が足らない」、「いま辞められると損失を被る」など、自分勝手な言い分が目立ちます。

給料の未払い・有給休暇が取得できない

こちらが辞めたいと申し出ると、給料を払ってくれない、残業代を払ってくれない、有給休暇を使わせてくれない、退職金が自分だけでない、といったトラブルが発生することも。これはすべて法律違反となるので、歯科医師は毅然とした態度で正当性を主張・要求するのがいいでしょう。

退職代行も1つの方法として検討してみよう

退職代行も1つの方法として検討してみよう

ここ数年で大分認知されてきた「退職代行」のサービスを利用するのも方法の1つとなります。退職代行を利用すれば、上記のうち法的な処理や請求はすべて代行業者が交渉してくれますし、業者と契約するときに「もう明後日には辞めたいです」といえば、その日に歯科医院に連絡して退職の手続きを代行してくれて、自分はもう出勤する必要も、退職の交渉をすることもありません。

【参考URL】
歯科医師の退職理由
https://www.mdcshigoto.com/doctor-taishoku/#i-2
歯科医師の悩み
https://dental-worker.com/column/b01/
女性の歯科医師が選ぶべき歯科医院
https://www.mdcshigoto.com/josei-shikaishi-best/#i-5
仕事を辞めたいときの対処法
https://career-picks.com/resolve/shigoto-yametai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA