歯科医師(歯医者)の女性は悩みが尽きない。辞めたい場合の解決方法

歯科医師の女性は悩みが尽きない。辞めたい場合の解決方法

歯科医師(歯医者)の女性は人間関係を始めとする様々な問題がを抱えており、多くの人が仕事を辞めたいと日々悩む職場です。特に女性の歯科医師が辞めたいと考える傾向が強く、当サイトにもたくさんの問い合わせをいただきます。今回は女性の歯科医師が辞めたいと感じた場合の解決方法をご紹介します。

女性の歯科医師(歯医者)の辞めたい理由トップはこれ!

歯科医師(歯医者)の女性の辞めたい理由のトップは「人間関係」です。事務スタッフや歯科衛生士、お客などに嫌がらせやパワハラを受けて辞めたいと感じているのであれば、まずは上司に相談してみると良いかもしれません。大きな病院勤務であれば、所属を異動させてもらえることがあるかもしれませんし、小規模であれば院長に対象のスタッフを注意や解雇をしてもらうことができるでしょう。

ただし、ここで気を付けたいのは歯科医師(歯医者)のことを親身になって考えてくれる上司であるかどうかです。例えばワンマン経営をしているような院長が上司であれば、人間関係の悩み解消には繋がらないかもしれません。そのような歯科医院の場合は、辞めたいと思ったらきっぱりと諦めて、転職した方が人生が好転するかもしれません。

院長が歯科医師(歯医者)にパワハラも。辞めたい場合は辞めるのが得策

院長が歯科医師にパワハラも。辞めたい場合は辞めるのが得策

一方で個人歯科医院にありがちなのが、院長や院長の奥さんによる歯科医師(歯医者)へのパワハラ行為。女性の歯科医師の場合は、院長がセクハラをしてきたり、奥さんが嫉妬して陰湿ないじめをしてくる例もあります。

また、多くの歯科医師(歯医者)は大なり小なり自分の職業への志と夢があります。しかし、ワンマン経営の院長の従業員に対する態度や経営の姿勢についていけないときに「辞めたい」と考えるようになります。

福利厚生などあってないようなもの。歯科医師(歯医者)の厳しい現状

個人経営、家族経営の歯科医院の場合、「就業規則や福利厚生のルールが頻繁に変わる」ことも歯科医師が辞めたい理由に挙げられます。就業規則にある休日が確保されない、有給休暇や産休を使わせてくれない。退職金がない、などいろいろと会社として雇用の問題を抱えている歯科医院が実際少なくありません。

「長く続けられない」、「歯科医師を大切にしてくれない」と思ったのであれば、辞めるのも1つの方法と言えるでしょう。

歯科医師(歯医者)の女性は辞める前に休暇を取得をしてリフレッシュ

歯科医師の女性は辞めたいと思うようになった休暇の取得をしてリフレッシュ

歯科医師(歯医者)の女性が一度辞めたいと考えてしまうと、鬱々と考え込んでしまい、冷静な判断ができなくなることがあります。一度ゆっくり考えるためにも休暇を取得して、旅行や気晴らしをしてみることをおすすめします。

また、歯科医師(歯医者)の女性は常にお客と向き合い、前線で仕事をしています。そのため、一人で抱え込んでいると、よくない考えばかりが浮かぶものです。休日は仕事のことを考えないように、友人と遊んだり趣味を見つけてみるのもおすすめです。知人に愚痴をこぼすだけでも「私はまだ恵まれている方なのかも」、「辞めたいと考えていたけど、もう少し頑張ってみようかな」と考えなおすこともあるはずです。

辞めたいと感じたら歯科医師(歯医者)の業務改善や雇用契約の変更を相談

辞めたいと感じたら歯科医師の業務改善や雇用契約の変更を相談

歯科医師(歯医者)は業務量も多いですし、男性女性によって差があるわけでもありません。女性の歯科医師(歯医者)であれば、家庭との兼ね合いがある場合もありますので、長時間の労働は避けたいとこです。そのため、歯科医師(歯医者)としての業務量を減らし、負担軽減が可能か上司などに相談してみましょう。フルタイムが難しい方はパートタイマーとして働くのもよいかもしれません。ご自身にあったワークスタイルを選択していくようにしましょう。

もし少数の歯科医師で回しているのであれば、こちらが「もし改善されなければ辞めたいです」と多少の脅し文句をつければ、院長も改めてくれる可能性だってあるはずです。

小規模歯科医院の歯医者は平均2回以上転職経験がある背景

小規模歯科医院の歯医者は平均2回以上転職経験がある背景

比較的小規模の歯科医院に勤める歯医者は、平均して2回以上の転職経験があるというデータがあります。その時の転職理由として最も多いのが「人間関係」です。上述したように、歯科医院は狭い職場で共に働く同僚上司も毎日同じ顔触れとなります。また、上司となる院長は社会人経験や世間を知らない人が多いため、就業規則や労働法を守らない傲慢な運営体制を敷いていることがよくあります。

そういった歯科医院で働いてしまうと、長年働いていても待遇は一向に良くならないことがほとんどです。給料の交渉や連休・有給の取得をするだけで揉めてしまうような歯科医院にいつまでも勤務する必要はないと言えます。

給料アップを目的とした歯科医院の転職はお勧めできない理由

一方で転職をしたい理由が院長の傲慢さや待遇の悪さではなく、「給料が安い」ことが不満である場合は、少し思いとどまった方がいいかもしれません。基本的に歯科医師(歯医者)の給料体系はどこの歯科医院もそれほど変わりありません。例えば現状の給料が30万円で、転職先の給料が35万円だったとしても、長い目で見ると後者は昇給率が悪く、現在の職場の方が10年後は高給取りになっている可能性も十分あります。もし給料アップを目的とした転職を検討しているのであれば、転職先の歯科医院の年収モデルや昇給の社内規定をしっかりと説明してもらった上で検討してみるのがよさそうです。

休みが取れない!有給休暇が使えない歯科医師(歯医者)は今すぐ退職を!

休みが取れない!有給休暇が使えない歯科医師(歯医者)は今すぐ退職を!

一方で「いまの歯科医院は院長の力が強く、ろくに休みを貰えない」、「この前有給休暇を取りたいと伝えたら却下された」のように、有給休暇がまったく取得できない歯科医師(歯医者)も多くいるようです。このような場合は、「即いまの歯科医院は退職すべき」と言えます。

有給休暇は同じ勤務先に6か月勤めることで自動的に付与され、年間で最低10日間歯科医師(歯医者)に付与されます。これは歯科医院や院長が決めることではなく、法律で国が定めているのですが、「働いていない人間に給料はあげられない」と個人の感情で有給を取得させない院長は確かに多いようです。

特に2018年より開始された「働き方改革関連法」によって、歯科医院の経営者はパートを含めた従業員1人ひとりに最低10日間の付与を義務付け、また全従業員のうち、1人でも有給の取得が5日未満の場合は、30万円の罰金刑に処されます。

歯科医院の中には「うちは年次有給休暇は4日間だけだ」、「10日間も取らせてくれない」というところもありますが、上記からも分かるようにこれ自体が違法行為となります。有給の付与日数は歯科医院や院長が決めることはできませんし、歯科医師(歯医者)やその他の従業員が有給休暇を取得することを妨げてはいけないのです。

歯科医師(歯医者)を辞めたい!問題が解決しない場合は退職も検討

それでも歯科医師を辞めたい!問題が解決しない場合は退職も検討

女性歯科医師(歯医者)は辞めたいと感じたら、退職をする前にここで紹介したことを実践してみてください。それでも問題が解決しないで、「いますぐ辞めたい!」と強い意思を持っているならば、きっぱりと退職してしまっても良いかもしれません。無理をして勤務し続け、心身を壊してしまわないようにご注意ください。

歯科医師(歯医者)を辞めたいけれど辞められない問題とは

歯科医師を辞めたいけれど辞められない問題とは

歯科医師(歯医者)を辞めたいけれど、どうしても辞められない問題に直面している人もいます。それはどういったケースが考えられるのでしょうか。

辞めたいけれど院長が辞めさせてくれない

ワンマン経営の歯科医院にありがちなのが「辞めたいけれど院長がやめさせてくれない」というものです。「人数が足らない」、「いま辞められると損失を被る」など、自分勝手な言い分が目立ちます。

場合によっては「いま辞められたらうちは損失を被る。賠償請求をしてやる」という意味不明の院長もいます。もちろん、歯科医院はそんなことを理由で歯科医師(歯医者)に対して賠償請求などできるわけがありませんし、もしあまりにしつこいようであれば、逆いパワハラや精神的苦痛を理由に慰謝料を請求することができます。

給料の未払い・有給休暇が取得できない

こちらが辞めたいと申し出ると、給料を払ってくれない、残業代を払ってくれない、有給休暇を使わせてくれない、退職金が自分だけでない、といったトラブルが発生することも。これはすべて法律違反となるので、歯科医師は毅然とした態度で正当性を主張・要求するのがいいでしょう。

歯科医師(歯医者)を辞めたいけれど院長に言うが怖い!そんなときは?

歯科医師(歯医者)を辞めたいけれど院長に言うが怖い!そんなときは?

歯科医師(歯医者)を辞めたいけれど、院長に退職届を出しても受け取ってくれない、もしくは何かしら理由をつけて辞めさせてくれないといったトラブルに見舞われることも十分考えられます。そんなときは「退職代行」を利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行に依頼すれば、こちらが指定した日に担当者が電話で歯科医院に退職手続きを法的にするよう伝えてくれますので、依頼者である歯科医師(歯医者)は何もする必要もなく転職する準備ができます。

退職代行も1つの方法として検討してみよう

退職代行も1つの方法として検討してみよう

ここ数年で大分認知されてきた「退職代行」のサービスを利用するのも方法の1つとなります。退職代行を利用すれば、上記のうち法的な処理や請求はすべて代行業者が交渉してくれますし、業者と契約するときに「もう明後日には辞めたいです」といえば、その日に歯科医院に連絡して退職の手続きを代行してくれて、自分はもう出勤する必要も、退職の交渉をすることもありません。

また上述した有給休暇の取得に関しても退職時にすべて消化できるよう依頼することも可能です。

【参考URL】
歯科医師の退職理由
https://www.mdcshigoto.com/doctor-taishoku/#i-2
歯科医師の悩み
https://dental-worker.com/column/b01/
女性の歯科医師が選ぶべき歯科医院
https://www.mdcshigoto.com/josei-shikaishi-best/#i-5
仕事を辞めたいときの対処法
https://career-picks.com/resolve/shigoto-yametai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA