歯科院長からパワハラされる場合は速攻で退職を!

歯科院長からパワハラされる場合は速攻で退職を!

歯科医として働く人にとって、職場の人間関係は非常に重要。特に歯科医院の場合は、歯科院長の人柄によって大きく環境が左右されます。歯科院長がパワハラをしてくる場合もあるでしょう。今回は歯科院長のパワハラと退職について詳しくご紹介します。

歯科医院でパワハラはあるある?

歯科医院でパワハラはあるある?

歯科院長から歯医者や歯科衛生士に対してのパワハラは、実はよくある話です。というのも、歯医者の多くは個人開業医であり、歯科院長=経営者である場合が大半であるため、「院長がルールで絶対」となります。また、そんな歯科院長は社会というものを知らないので、世間知らずで自分勝手の場合がほとんど。そんな歯科院長のもとで働き続けるならば、よほど忍耐力のある人でないとやっていけず、人が頻繁に入れ替わるというのもよくある話です。

歯科院長から毎日パワハラ!パワハラの判断基準とは

歯科院長から毎日パワハラ!パワハラの判断基準とは

歯科院長から自分は毎日パワハラされている!という人は、まずはその歯科院長の行為が指導なのかパワハラなのか考える必要があります。パワハラは判断に難しいものがあり、見極めることが大切です。以下は厚生労働省が公開しているパワハラにあてはまる行為等です。

  • 優越的な関係に基づいて行われる行為(例:解雇や賞与の減額をほのめかす等)
  • 業務の適正な範囲を超えている行為(例:その者の能力を超えた業務を与え、「こんなこともできないのか!」と怒鳴る、業務と関係ないことをさせる)
  • 身体的・精神的な苦痛を与えたり終了環境を害する行為(例:仕事を与えない、暴力を振るう、就業意欲を低下させる行為)

これらはほんの一例であり、他にもパワハラに該当する行為はいくつも挙げられます。「パワハラかな?」と感じたら、まずは上記の1〜3の行為にあてはまっているかどうかチェックしてみてください。

歯科院長のパワハラは残念ながら治らない。今すぐ辞める決断を

歯科院長のパワハラは残念ながら治らない。今すぐ辞める決断を

残念ながら、パワハラをしている歯科院長本人は、パワハラではなく指導と思っている場合が多いですし、その医院のトップである院長に改善をお願いすることは難しいでしょう。

このような理由から、院長からパワハラを受けている場合には早期退職することをおすすめします。今現在も辛い状況に置かれている方もいるのかもしれませんが、これ以上酷い状況を招かないためにもなるべく円満に退職することをおすすめします。ただ、退職までの間にパワハラが加速した場合には、退職代行や弁護士など第三者に頼り、自分を守るようにしてくださいね。場合によっては慰謝料として賠償請求をすることもできます。パワハラをするような歯科院長は、逆に上からの強い力に対しては、すぐに屈服するので、弁護士に退職代行と慰謝料の請求を依頼して電話を一本してもらうだけで、パワハラの歯科院長は簡単に示談金を払ってくれるケースがほとんどです。

歯科院長のパワハラは治らないため、早期退職を心がける

歯科院長のパワハラは治らないため、早期退職を心がける

歯科医院のトップである歯科院長がパワハラをしていても、歯科院長のワンマン経営の場合は、誰も意見を言うことができないという現状があります。そんな状況下で無理をして働くくらいなら、早めに退職することを心がけましょう。

【参考URL】
歯科医が辞めたい理由
https://dental-happy.net/content/595
パワハラの定義について
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000366276.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA