試用期間だけどすぐに辞めたい。退職代行でスムーズに実現!

試用期間だけどすぐに辞めたい。退職代行でスムーズに実現!

会社の試用期間中だけどすぐに辞めたい。そんなときは退職代行を利用することでトラブルなくスムーズに辞めることができます。次の転職活動を早々に開始できるのでおすすめです。

会社の試用期間中だけどすぐに辞めたい場合とは?

会社の試用期間中だけどすぐに辞めたい場合とは?

せっかく内定を貰って転職に成功したにもかかわらず、働きはじめの試用期間中に「もう辞めたい」、「1日でも早く辞めたい」と考えるようになることもあります。単に新しい職場に慣れないということもありますが、実際は下記のような理由が多く見受けられます。

  • 会社が体育会系や洗脳じみた職場環境で肌に合わない
  • 想像以上の残業
  • 先輩や上司がパワハラし会社も黙認している
  • 面接の話とは違う待遇(給料・職種・勤務地など)

上記のような問題を使用期間中に感じてしまうと、「この会社にはいられない」と強く実感することになります。

試用期間中と正社員に退職の手続きで違いはある?

試用期間中と正社員に退職の手続きで違いはある?

「試用期間中はバイトと同じだからいつでも辞められる」と考えている人も多くいるようですが、実は試用期間という特別な待遇・従業員枠というのは法律では存在しなく、あくまでも会社側が決めた就業規則の1つでしかありません。

そのため、試用期間中であっても従業員は正社員となりますし、会社側は社会保険の加入手続きをしているはずです。つまり、試用期間中に会社を退職する場合であっても、社員と同様の民法・労働法に基づいて退職の手続きを進めることになります。

試用期間中の退職はトラブルが多発する

試用期間中の退職はトラブルが多発する

ただし、試用期間中に辞めざるを得ない職場環境の場合、退職したい旨を告げると、上司や社長が激昂して威圧的な態度をとったり、辞めさせてくれないこともあります。

「退職届を出したけど受け取ってくれない」
「君の採用にどれだけお金かかっているか知ってる?」
と辞めさせてくれないばかりか、場合によっては賠償請求をしてくる会社もあります。基本的にそのような会社はワンマン社長がいる零細企業が多いですが、昨今は中小企業でも「人事に呼び出されてプレッシャーをかけられた」といった事例もあります。

人事の評価は人材の採用と定着にあるため、試用期間中に自分が採用した従業員が辞められると、自分の評価に響くと考えての行動でしょう。

試用期間中に辞めたい場合は「退職代行」を使おう

試用期間中に辞めたい場合は「退職代行」を使おう

試用期間中に辞めたい場合は、上記のようなトラブルを避けるため「退職代行」を利用するのはいかがでしょうか。退職代行は、弁護士事務所や一般企業が提供しているサービスで、依頼者(従業員)に代わって退職の一切の手続きを代行してくれます。

退職代行業者と打ち合わせをして、退職する日を決めた後、業者の担当者が会社側に連絡します。その日を境に依頼者は出勤する必要はありませんので、退職日までは自宅療養できますし、いまのうちから転職の準備をすることもできます。

試用期間中に辞めたい場合、退職日は即日~最長2週間!

試用期間中に会社を退職する場合は退職日は即日から最長で2週間となります。民法では退職を申し出てから14日後に労働契約を解除できるとあるため、どんなに引っ張っても2週間で辞めることができます。

ただし、会社の合意があれば即日でも可能となります。
ちなみに一般企業の退職代行業者の中には「即日退職」とPRするところもありますが、これは退職代行の担当者が会社に連絡をすれば、最短でその日から出勤しなくていいですよ、という意味となります。退職日が即日になるわけではないことに注意してください。

試用期間中に退職代行を使うなら弁護士事務所がおすすめの理由

試用期間中に会社を辞めたいと感じる場合、多くのケースで会社はブラック体質となります。退職の代行には民法や労働法など非常に多岐にわたり深い法令知識が求められるので、一般の企業では太刀打ちできません。そのため、「この会社はちょっとやばい」という場合は、必ず弁護士事務所に相談するのが失敗しないポイントです。

退職代行を請け負う「みやび」は、弁護士業界の中では断トツの業界知名度を誇る弁護士事務所。

【特徴】
「料金は一律5万円」、「どんなブラック企業でも退職可能」、「LINEテキストで依頼可能」、「LINEで無料相談」、「有給消化・未払いの残業代・退職金請求可」
>>依頼・HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA