薬剤師を辞めたい場合は、正当な理由を作ろう!

薬剤師を辞めたい場合は、正当な理由を作ろう!

薬剤師は過酷な労働環境と複雑な人間関係に左右される場合が多く、辞めたいと思う方も少なくありません。しかし、薬剤師を辞めたい場合には正当な理由を作る必要があります。これは何故なのかをご説明しつつ、正当な理由は例えばどのようなものがあるかご紹介していきます。

薬剤師を辞めたい場合は正当な理由が必要!なぜなら……

薬剤師を辞めるには正当な理由が必要!なぜなら……

薬剤師以外の職種にも言えることですが、辞めたい場合は誰もが納得できる理由を用意する必要があります。本当に辞めたい理由が会社や人間関係の不満であったとしても、それらを理由に退職を切り出してしまうと、その環境を改善する方向に持って行かれ、結果退職できないというようなことも起こり得るからです。

また、例えば「田舎に帰る」という理由で辞めたい場合も、前就業場所の近辺で再就職して前職の人に発見された時には「嘘をついていた」ということになってしまい、「平気で嘘をつく人」として噂が広まってしまうかもしれません。薬剤師は医局などの縦や横の繋がりもありますから、一度目を付けられてしまうと転職にも響いてくる可能性があります。そのため、辞めたいからといってあまりに非常識であったり、適当に考えた嘘を退職理由にすることは望ましくありません。

薬剤師が辞めたい場合、どんな理由がいいか

薬剤師が辞めたい場合、どんな理由がいいか

それでは、薬剤師を辞めたい場合、どんな退職理由であれば角を立てることなく済むのでしょうか。
まずは、「もっと学びたい」「薬剤師として成長したい」という理由が良いことが考えられます。今の職場ではどういったことに関して成長が見込めないのかを明確にし、自身が成長するために止む無く退職する、といった方向に持っていくと良いでしょう。

「家庭の事情で」、「一身上の都合により」も辞めたい理由としては実は悪くありません。昨今の世間の流れから、あまり会社側が従業員のプライベートに突っ込むことは良しとされていません。ただし、平気で聞いてくる上司もいるので、何かしらの理由は用意しておくといいでしょう。

最後にドラッグストアなどで働いている方であれば、「病院や調剤薬局などで働きたい」という理由が正当です。病院と調剤薬局、ドラッグストアでは業務内容も違ってきますから、そこでしか学べないことも多くあり、退職理由としては正当なのではないでしょうか。

薬剤師をすぐ辞めたい場合は正当な理由で円満退職を目指そう

正当な理由で円満退職を目指そう

薬剤師が退職するためには正当な理由が必要です。何故なら引き止めにあったり、縦や横の繋がりもある薬剤師は適当な理由をつけて退職してしまうと、心象が悪くなってしまうこともあるからです。「薬剤師として成長したい」など誰もが納得できる前向きな理由を用意しておくようにしましょう。

【参考URL】
https://www.pharmama.net/post-1117/
https://yakuzaishi.cadical.jp/blog/enman-taisyoku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA