退職代行に依頼して会社に残業代を請求しよう!流れを紹介!

退職代行に依頼して会社に残業代を請求しよう!流れを紹介!

退職代行と言えば、会社を辞めたい人の代行サービスですが、弁護士に依頼すれば、退職と同時に残業代の請求も会社にすることができます。もちろん残業代の請求だけでも依頼は可能。そこで、今回は退職代行に残業代の請求依頼をする際のポイントや全体の流れをご紹介します。

退職代行に残業代の請求依頼ができるってほんと?

退職代行に残業代の請求依頼ができるってほんと?

退職代行と言えば、2010年頃から人気となっているサービスの1つで、自分に代わって民間企業や弁護士が会社に退職の手続きをしてくれるもの。主にブラック企業で働いていて、「辞めたいけど何かしらの事情によって辞められない」、もしくは「辞めますと言い出せない」人がよく利用します。その退職代行で昨今需要が高まっているのが「残業代の請求」です。一昔前と比べるとマシになったとは言え、まだまだ労働基準法に違反した過剰労働を強いている会社は多く、そういった会社は「営業手当に含まれているから」、「みなし残業に含まれているから」といって残業代を払う気は毛頭ありません。

基本的に営業手当やみなし残業も「どのくらいの残業時間が含まれているのか」は従業員は知らないだけで、会社側は法的に決めていなければなりません。また、労働法を超えた時間に関しては違法ですし、労働者は会社に対して全額の残業代を請求することができます。

退職代行に残業代の請求依頼をする前に!準備しおきたいこと

退職代行に残業代の請求依頼をする前に!準備しおきたいこと

退職代行に残業代の請求依頼ができることは分かりましたが、ただ「毎日たくさん働かされています」といっても請求はできません。あくまでも法律に基づいて残業代の請求を訴えるわけですので、働かされている証拠が必要となります。

しかし、会社側が用意しているタイムカードや業務日報の場合、日ごろから「19時の退社にしておいて」と言われていることもありますね。そのため、それ以外に自分で日報や手帳に退社時間を記録しておくのがいいでしょう。「いままでそんな記録なんかつけてなかったよ」という方は、例えば下記履歴は残っているでしょうか。

  • 会社のパソコンのログイン履歴
    ログアウトした時間から退社時間が分かります。
  • 会社のパソコンのソフトの使用履歴
    ソフトには使用履歴があります。例えば使用履歴に23時とあったら、23時まで残業していた証拠となります。
  • メール
    遅くまで働いていたことが分かる内容のメールも証拠として認められます。

退職代行に残業代を請求依頼した後の流れ

退職代行に残業代を請求依頼した後の流れ

退職代行に残業代を依頼したい場合は、おおよそ下記のような流れとなります。

  1. 退職代行に依頼の問い合わせメール
    LINEでの相談も可能。相談&見積もりは無料の業者が多いです。
  2. 残業代請求の相談をする際は、具体的に細かく伝える
    残業を示す証拠の有無も正直に伝えてください。もしない場合も、何かしらのアドバイスを受けることができるはずです。
  3. 退職の代行もしてほしい場合は、同時に伝える
  4. 見積もりを貰い、正式に依頼するならその旨を伝え、前払いで振り込む
  5. 退職代行業者が会社に電話連絡をして、残業代請求の話し合いをする
    退職代行の依頼もしている場合は、同時に退職の申し出もします。
  6. 成功したら、会社側からの代金請求、及び退職に伴う書類(離職票など)の送付
  7. 完了

残業代の請求は万が一に備えて民間業者ではなく弁護士に依頼しよう

残業代の請求は万が一に備えて民間業者ではなく弁護士に依頼しよう

もし会社側が残業代の請求を突っぱねて、支払う気がない場合は裁判となりますが、この場合は民間の代行業者は関与することができません。少しでもその可能性があるならば、最初から民間業者ではなく弁護士に残業代の請求と退職代行を依頼しましょう!

残業代の請求も退職代行も請け負い可能!相談料&見積もり無料!LINEで問合せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA