ブラック企業を辞める方法と絶対やってはいけない行動

ブラック企業を辞める方法と絶対やってはいけない行動

悪質な企業を象徴する「ブラック企業」。もし自分がブラック企業と思われる会社に勤めていて、会社を辞める方法を模索している場合、どのような行動を心がければスムーズに辞めることができるのでしょうか。今回は絶対にブラック企業に対してやってはいけない行動を含めて、辞める方法をご紹介します。

個人がブラック企業に法を振りかざすのは禁止!辞める方法はよく考えて

退職をする際に上司に対して有給消化や残業代の請求を法律をもって振りかざす

ブラック企業で働く上司は、自分が部下に高圧的な態度をとることに慣れていて、悪いとはつゆとも思いません。そのため部下に当たったり、不可能な営業目標を強いたりするのです。そんな上司や会社に対して、「会社辞めるので有給消化させてください」、「未払いの残業代請求してもいいですか」といったお金にまつわる事情を法律を用いて掲げるのはご法度。相手を怒らせて、余計パワハラが酷くなって辞めることができなくなってしまいます。ブラック企業の正しい辞める方法を考えたとき、一般社員の個人が法律をブラック企業に振りかざすのはやめましょう。

「無断で辞める方法」もブラック企業では絶対にタブー

どんなに辛くてもばっくれは絶対に禁止

場合によっては「有給もいらないし給料もいらない。だから明日から会社を辞める」という危機的状況に迫った人もいるかもしれません。しかし、会社に置いてばっくれは絶対に禁止です。それがブラック企業ならばなおさらです。現実問題として、会社に報告なしで辞める方法を選択してしまうと、会社側から離職票が送られてきません。離職票は失業保険を受け取る際に必ず必要となりますし、また、次の企業に転職する際にも前職(ブラック企業)から受け取る離職票を求められるケースがあります。ばっくれるという会社を辞める方法をとると、会社側も要求されなければ離職票も送ることはないでしょう。そうなると転職すらできなくなり、人生どん詰まりになってしまいます。

ブラック企業を辞める方法~弁護士に相談する

ブラック企業を辞める方法~弁護士に相談する

ブラック企業を確実に辞める方法は「弁護士に相談」することです。弁護士というと何だか重苦しい感じがしますが、最近は弁護士の中でも退職代行を安く引き受けてくれるところも増えてきて、LINEで簡単に相談できるところも出てきました。上述した有給消化や残業代の請求もお手の物。ブラック企業は往々にして法律を無視して暴力・暴言で従業員を屈服させるため、相手がブラック企業であればあるほど弁護士の効果は絶大です。

ブラック企業を個人で辞める方法は「会社の役員レベルの人にメールや内線で連絡する」

会社の役員レベルの人にメールや内線で連絡する

ブラック企業を誰の力を頼ることもなく個人で辞める方法を考えた場合、まず確認してほしいのが、上司や自分の部署の職場だけがブラック体質であること。それであれば、その上の役員レベルの上司にメールや内線で告げてみるのはいかがでしょうか。会社はコンプライアンスを気にするため、役員レベルの人に相談することができれば、すぐに対応してくれる可能性があります。

ただし、上司の上司のような、その上司と近しい関係の人への連絡は逆効果になります。おそらく上司のブラックなやり方は知っていながら黙認しているでしょうし、もしかすると、その上司が裏で手を引いているかもしれませんので、辞める方法としてはおすすめできません。

ブラック企業の退職は辞める方法を考えるだけで大変。弁護士に依頼して一瞬で終わらせるのがおすすめ

ブラック企業の退職は精神をすり減らす。弁護士に依頼して一瞬で終わらせるのがおすすめ

ブラック企業の退職は本当に神経がすり減り、辞める方法を模索するだけでも億劫となります。場合によってはうつ病になってしまうこともありますので、ブラック企業に人生を潰されないためにも、弁護士事務所の退職代行を利用して、瞬時に退職するのがおすすめの辞める方法ということができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA