仕事が辛い死にたいと考えたときの解決方法

仕事が辛い死にたいと考えたときの解決方法

ストレス社会と揶揄される日本の現代社会では、「仕事が辛い死にたい」と考えている人も多くいます。「じゃあ辞めればいいじゃん」と思うかも知れませんが、ブラック企業やパワハラ上司の下で働いていると、自分から行動することができなくなってしまいます。

そこで、ここでは毎日会社に行くのが嫌で、仕事が辛い死にたいと考えている方に向けて、現実的な仕事の辞め方や、明日から一歩進める行動心理、辞められない人の考え方などをご紹介します。

「仕事が辛い死にたい」原因を探る

「仕事が辛い死にたい」原因を探る

仕事が辛い死にたいと考えるに至る原因は、大きく分けて「内部要因」と「外部要因」の2つに分けることができます。

内部要因は自身への精神的なプレッシャー・重圧

内部要因とは、原因が外部にはなく、自分自身が精神的にプレッシャーや重圧がかかっている状態を指します。例えば大きなプロジェクトや役職を任されて、「次の日に社運をかけた重要なプレゼンがある」といった場合や、「明日は大切な会議で資料作りを任されている」、「明日は大手企業との商談があって緊張する」などが挙げられます。

一般企業のどの職種でも起こり得ることですし、年代問わず迫りくるプレッシャーとなります。大抵はプレゼンや商談といった特定の日を過ぎるとことで解決できますが、その人の性格上「もう仕事が辛い死にたい」と考えるようになることも少なくありません。

外部要因は社会問題でもある「パワハラ・ブラック企業体質」

外部要因は「パワハラ」や「ブラック企業の体質」が挙げられます。零細中小に多く、
・毎日サービス残業を強制させられる。
・上司がいつも嫌味や罵声を浴びせてくる
・先輩から暴力をふるわれることがある

上記のような会社の体質・社風を起因としたパワハラはいまだ数多く散見されます。

仕事が辛い死にたい気持ちが続くことにより人生が狂う事例も

仕事が辛い死にたい気持ちが続くことにより人生が狂う事例も

仕事が辛い死にたい気持ちが断続して続くことによって、心身には目に見えない大きな負担がかかっています。ストレスによる心身の不調は自律神経の乱れが主な原因となります。昨今は自律神経を「目に見えない臓器」と位置づけ、社会人を中心に深刻な病に伏している人が増えてきたことが社会問題として注目されています。

・うつ病
・強迫性障害
・てんかん
・統合失調症
・適応障害
・不眠症

などはストレスが原因として発祥する一部の心身の病気です。うつ病と適応障害は非常に酷似している病気ですが、仕事が原因と分かっている場合は、適応障害と診断される例が多いようです。

これらの精神疾患は、一度発症してしまうと治すことがなかなか難しく、重度のケースになると、数年、数十年単位で抗うつ薬を服用しなければならなく、自分の今後の生活が大きく変わることも考えられます。

しかし、大抵の会社はうつ病になった従業員に対して申し訳ないと思ったり、何かしらの責任をとることはしません。会社側は自社を起因とした精神疾患を認めたくないからです。

そのため、「休職するくらいなら退職してよ」と言われるかもしれませんし、「病は気から。気にしないで仕事をすればいつの間にか治ってるよ」と上司からパワハラをうけることもあるかもしれません。

一般的な仕事が辛い死にたい場合の3つの解決方法を紹介

外部要因による「仕事が辛い死にたい」問題は解決が困難な理由

仕事が辛い死にたい場合、まず考えるべきことは「仕事が辛い死にたい原因は排除することができるのか・問題の解決は可能か否か」です。

上記でご紹介した内部・外部要因ともに、会社を起因とした問題の解決は複雑多岐にわたります。
そこで、下記では一般的な仕事が辛い死にたい場合の解決方法と呼ばれるものをご紹介します。

1. 仕事が辛い死にたい原因を排除する

例えば仕事が辛い死にたい原因がプロジェクトにあるならば、チームから外してもらう。パワハラの上司が原因であれば、人事に訴えて自分もしくは上司を異動してもらう。残業に関しても、昨今は労働基準監督署の目も厳しくなってきたため、一度是正勧告を受けた企業の多くは、残業のあり方を見直してくれます。

2. 仕事の向き合い方を変える

仕事が辛い死にたいと考える人の中には、日頃から考えすぎて根詰める性格の人が多くいます。たまには仕事をサボってもいいし、仮病を使って有給消化をしたり、営業の合間に遊びに出かけてもバチは当たりません。

よく「土日は仕事のことを考えずに旅行などをしてリフレッシュするのがおすすめ」という情報サイトもありますが、実はよくありません。根本的な問題が会社にあり、解決できずにいる場合は、土日にリフレッシュしてしまうと、月曜日に出勤するのが億劫になり、輪をかけて「仕事が辛い死にたい」と強く思うようになってしまいます。

3. 休職制度を利用して公私を見つめ直す

うつ病や適応障害、自律神経失調症といった心が病んだ人がまず勧められるのが「休職制度」です。どの会社にもある制度で、休職可能期間は法律で定められていないため企業依存となりますが、おおよそ6ヶ月から1年ないし2年程度となります。

「仕事が辛い死にたい」問題は解決が困難と言われる理由

「仕事が辛い死にたい」問題は解決が困難と言われる理由

一方で上記でご紹介した「仕事が辛い死にたい」場合の解決方法は、一般的に解決が難しいとも言われています。

チームから外してもらう・パワハラ上司を異動させることは現実的に可能?

仕事が辛い死にたい原因の1つに挙げられるプロジェクトへのプレッシャーやパワハラ上司の問題ですが、チームから自分を外してもらうことは現実的には難しく、昇格や会社の自分の立ち位置に関わる重大な問題となってしまいます。

また、人事に訴えることでパワハラ上司、もしくは自分が異動できるかどうかは完全に会社の方針・ルールによります。仮に異動ができても、「来期まで待って」、「他の部署に異動すると給料が下がるよ」といった厳しい条件を呑まなければならない場合がほとんどです。

休職制度は仕事が辛い死にたい問題の解決にはならない

休職制度を利用することで、一定期間は職場を離れることができます。
しかし、休職から明けたあとは再び同じ職場で同じ業務がはじまるので、職場の人間や仕事内容のせいで辛い死にたいと考えていた方にとって、休職制度は単なる中期休暇でしかありません。

仕事が辛い死にたい場合の解決方法は「会社を転職する」ことに尽きる!

仕事が辛い死にたい場合の解決方法は「会社を転職する」ことに尽きる!

職場の人間や仕事内容で「辛い死にたい」と考える場合、上述したように根本的な問題の排除が難しいため、その会社で働き続けている限り、なかなか解決できないことが挙げられます。

仮に上手いこと問題が解決できたとしても、果たしてその職場で働き続けることが最善かは疑問です。パワハラ上司を退場させることができても、他の同僚たちは自分のことをどのような目で見るでしょうか。会社としても、心身が不安定な従業員をいつまでも職場に置いておくのは目の上のたん瘤のようなもの。

そのため、転職して職場の環境や自分に関わる人間を大きく変えることが望ましい解決方法の1つとなると考えることができます。パワハラ上司から精神的抑圧を受けて、「辞めたいけれど辞められない」状況に陥っている人は、昨今注目されている「退職代行」を利用するのもおすすめです。

仕事が辛い死にたい人が依頼するべき退職代行とは?

仕事が辛い死にたい人が依頼するべき退職代行とは?

仕事が辛い死にたい人の中には、すでに心身をすり減らし、会社に退職届を出す勇気や力がなくなっている人も大勢います。そんな人におすすめしたいのが「退職代行サービス」です。退職代行業者に依頼すると、退職に関する手続きをすべて任せることができるだけではなく、自力では到底叶わない「最短翌日~2週間後の退職」も可能です。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法電子版(総務省)

上記のように、法律上は会社に退職を告げてから2週間後の労働契約を強制的に解除することができます。会社側は従業員を引き止めることは禁止されています。

また、うつ病や適応障害など、仕事が辛い死にたいといったのっぴきならない事情があれば、2週間を待たずして即日に労働契約を解除することもできます(要弁護士に依頼)。

仮に2週間後の退職であっても、その期間中は有給休暇や欠勤することによって出勤の必要はありません。そのため、退職代行サービスを受ける前に、備品の返却や引継ぎ資料の作成などは着々と進めるのがいいでしょう。

退職代行に簡単依頼。すべてLINEアプリで済ますことができる

退職代行に依頼する人の多くは、会社以外で身動きが取れない状況にあります。時間があっても外に出るのも億劫ですし、退職代行業者の窓口や弁護士事務所に行くことは困難です。

そこで退職代行サービスを提供している業者・事務所は、共にLINEアプリによるチャットで相談や依頼を請け負っています。弁護士事務所でもLINEで依頼を済ませられるから驚きです。

退職代行サービスは民間企業と弁護士事務所が提供していますが、退職には労働法が深く関わってくるため、弁護士事務所への依頼がおすすめです。

なお、弁護士事務所と民間企業の違いは、費用面においては1~2万円弁護士事務所が高いですが、それ以外はありません。上司からパワハラを受けていたり、未払いの残業代や退職金を受け取りたい場合は、弁護士事務所一択となるのでご確認ください。

退職代行を提供する老舗弁護士事務所「みやび」

多くの退職代行の情報サイト・まとめサイトで一際存在感を放つ弁護士事務所「みやび」。弁護士の中では抜群の知名度を誇っています。その理由は、民間企業のサービスを取り入れて、弁護士と一般人の垣根を低くしている努力が垣間見えることにあります。「料金は弁護士費用とは思えない一律5万円」、「相談から依頼まですべてLINEチャットで可能」といったサービスは非常に魅力的です。

退職代行を請け負う「みやび」は、弁護士業界の中では断トツの業界知名度を誇る弁護士事務所。

【特徴】
「料金は一律5万円」、「どんなブラック企業でも退職可能」、「LINEテキストで依頼可能」、「LINEで無料相談」、「有給消化・未払いの残業代・退職金請求可」
>>依頼・HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA