ダンプの運転手。すぐに辞めたい場合はどうする?

ダンプの運転手。すぐに辞めたい場合はどうする?

ダンプの運転手は大型車の職種の中では比較的楽な仕事と捉えられがちです。しかし、実はトラックと比べても遜色のないほど、想像以上に精神的に参ってしまう仕事でもあります。そこで、今回はダンプの運転手が仕事をすぐに辞めたい場合の解決方法をご紹介します。

ダンプの運転手は想像以上に過酷?

ダンプの運転手は想像以上に過酷?

ダンプの運転手はトラックドライバーと比べると、比較的楽な職種と言われています。そのため、トラックドライバーが仕事がきつくて、ダンプの運転手に転職をするケースもよく見られます。しかし、ダンプの運転手はトラックドライバーと異なる仕事の過酷さがあることも事実で、実際多くの人が「辞めたい」、「トラックドライバーの方がいいや」と感じています。また、仕事を辞めたいと考える人の多くは、大型車の運転及び業界がはじめてという人のようです。

孤独ではないが集団行動が大変。ダンプの運転手を辞めたいと感じるとき

孤独ではないが集団行動が大変。ダンプの運転手を辞めたいと感じるとき

トラックドライバーの多くは独りでひたすら長距離を走り続けます。ダンプの運転手も長距離走行には変わりないのですが、基本的に集団で走ります。また、作業場でも無線を使って連携をとらなければなりませんし、複数のダンプと一緒に仕事をこなさなければなりませんので、慣れないうちはルールが分からず職場の人たちに毎日迷惑をかけてしまいます。

そのため、「独りで走っていた方がよかったな……」と思う元トラックドライバーも多いようです。もちろん初めてこの業界に転職した人も、慣れない職場に精神的に参ってしまうことが多々あります。

拘束時間が長く時間も不規則。家族がいるダンプ運転手はすぐに辞めたいと思う理由

拘束時間が長く時間も不規則。家族がいるダンプ運転手はすぐに辞めたいと思う理由

ダンプの運転手は現場と工期によって拘束時間が長く、また時間も不規則です。朝からはじまって夕方に終わる普通の時間もあれば、夜間の仕事もあります。睡眠時間も削られますし、家族がいる場合は、奥様から理解が得られなかったり、子供となかなか遊べないことが原因で離婚に発展することもしばしば。

ダンプ運転手の給料は低いって本当?従業員は常に失業のリスクがある

ダンプ運転手の給料は低いって本当?従業員は常に失業のリスクがある

ダンプの運転手は正社員であっても平均年収は400万円弱と低めです。多少の昇給はありますが昇格はほとんどないので、将来手にわたって年収はほぼ一定となります。その一方で近年はダンプ業界も競争が激しく、中小はどんどん潰れている現状もあります。また、積載量は常にオーバーしているので、警察に捕まることもしばしば。もちろん点数はひかれますし、罰金は自腹です。免停になったら仕事ができなくなるので、クビを宣告されることもあるでしょう。

ダンプの運転手は重い積荷作業がないことで知られていますね。実際は多少の積み下ろしはありますが、軽い荷物だけで、重いものはすべてダンプで対応するので体力的にはそれほど負担はありません。

ダンプの運転手をすぐに辞めたい!そんなときはどうする?

ダンプの運転手をすぐに辞めたい!そんなときはどうする?

ダンプの今の会社をすぐに辞めたい場合、まず確認するべきは自分が正規雇用の正社員か、もしくは派遣や個人事業主の業務委託のどちらかです。

正規雇用の正社員のダンプ運転手は辞めたいときに辞められる!

正規雇用の正社員のダンプ運転手の場合は、労働法が適用されるので、会社に退職届を出して2週間後辞めることができます。会社側とトラブルなしで辞めたいのであれば、3か月くらい前に報告するのがいいですが、精神的にいますぐ辞めたい、という場合は法律を盾にするのもいいでしょう。

業務委託契約・有期雇用の場合も実は辞めたいときに辞められる

業務委託契約のような有期雇用の場合は、一般的に労働法は適用されないので、上記のような2週間後に強制的に辞められるわけではありません。しかし、その一方で辞めなければならない事情がある場合は、辞めたいときに辞めることもできます。そのため、基本的にダンプ運転手の雇用形態に問わず、辞めたいときに辞めることができます。

しかし、実際はダンプ運転手を辞めるのはなかなか大変です。会社側がとりあってくれなかったり、人材の穴埋めができるまで辞めさせてくれないがの普通です。中には辞めた際に発生する損害を請求する、なんて言ってくる高圧的な会社もあります。

ダンプ運転手は「退職代行」利用すれば、即辞めることができる

ダンプ運転手は「退職代行」利用すれば、即辞めることができる

ダンプ運転手がすぐに仕事を辞めたい場合、上述したようになかなか一筋縄ではいきません。そのときは「退職代行」を利用してみてはいかがでしょうか。退職代行を利用すると、下記のような流れをもってして、すぐにダンプ運転手を辞めることができます。

  1. 退職代行にLINEで連絡(無料相談)
  2. いつ辞めたいのかを打ち合わせ
  3. 退職代行がダンプの会社に連絡して、退職の手続きを代行する
  4. 退職後に離職票が会社から送られてくる

3.の時点でダンプ運転手はもう出勤する必要はありません。「バックレにならない?」と思うかもしれませんが、すべて合法的に進めますので問題は一切ありません。会社側はダンプの運転手が法律を何も知らないことをいいことに、違法な束縛をすることがよくあります。そのため、退職代行から連絡が来たら労基に踏み込まれないように穏便に話を受け入れるはずです。

ダンプ運転手におすすめしたい退職代行はココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA