幼稚園の教諭が年度途中に仕事を辞めたいときの手段・流れ

幼稚園の教諭が今すぐ仕事を辞めたいときの手段・流れ

幼稚園や保育園で働く教諭の人達の中には、過酷な職場環境や独特な人間関係などに悩んでいて「本当はいますぐにでも辞めたいけど、年度途中だから辞められない」と感じている人も少なくありません。そこで、今回は幼稚園の教諭を辞めたい先生に向けて、年度途中でも辞められる最速で退職できる方法をご紹介します。

幼稚園の教諭の過酷な職場の現状

幼稚園の教諭の過酷な職場の現状

幼稚園の教諭といえば子供の面倒を見ることが仕事で、女性の中には憧れの職場と夢見ている人も多いことでしょう。しかし、実際は幼稚園も一民間企業と変わりませんので、利益追求をしなければなりません。園長先生や幼稚園のオーナー・会長の多くは守銭奴の傾向がありますが、それも幼稚園という決して容易ではない学校経営に依るところが大きいです。

また、幼稚園の職場は女性が多いため、独特の派閥があったり、教諭同士によるいじめも少なくありません。幼稚園の遊具が壊れているため、園長に買い替えを要求しても、「いまは予算がないから無理」、「貴方が注意深く園児を見てればいいことでしょ」と断られることもしばしば。

幼稚園教諭は辛い!常に園児に見守る必要がある

幼稚園教諭は辛い!常に園児に見守る必要がある

幼稚園の教諭が最も大変なのは、園児に常に気を配らなければならないことです。登下校のときは不審人物がいないか確認し、食事中も喉を詰まらせないか注意を払い、外で遊んでいる時間は遊具による事故に気を付けなければなりません。幼稚園の教諭は園児20~35人に1~2人の割合で配置されているのですが、実はこれでは幼稚園児の事故を未然に防ぐにはまったく足りません。しかし、法律上は問題ないので、幼稚園側は人件費を抑えるために必要最低数の教諭でやりくりしているのが現状となります。

そんなプレッシャーに押しつぶされそうな毎日を送っていると、次第に「自分は幼稚園の先生の仕事に向いていないのではないだろうか」、「本当にやりたいことは他にあるのかもしれない」と思うようになり、幼稚園の教諭を辞めたいと考えます。

幼稚園の教諭を辞めたいけど、年度途中では簡単に辞められない

幼稚園の教諭を辞めたいけど、簡単に辞められない

しかし、幼稚園の教諭は一旦新学期がはじまってしまうと、通期が終了しない年度途中では辞めたくとも辞められないのが現状です。他の先生方もいい顔はしてくれませんし、教諭に欠員が出ても補充には時間がかかるため、「来年の3月末までいてくれ」と言われたり、とてもではありませんが、当月末に辞めることは困難です。

精神的ストレスを溜め込みすぎるとうつ病に発展することも

幼稚園の教諭を辞めたいけれど、辞められずにストレスやプレッシャーを感じながら毎日仕事をしていると、いつしか風船が突然割れるように、自分の心にひびが入ってしまうことがあります。

うつ病や自律神経失調症といった病気が発症すると、その根源を取り除かない限りは、永遠と治ることはありません。

うつ病の診断書を持っていけば休職・退職が容易になる

例えば精神科医に仕事によるうつ病といった診断書を書いてもらえば、幼稚園側がすんなりと休職もしくは退職を受け入れてくれます。昨今は幼稚園教諭の過酷な職場環境が社会問題としてもテレビに取り上げられているので、幼稚園側もうつ病の教諭をいつまでも働かせておくわけにはいきません。

ただし、休職をすると職場の人間は良いようには思いませんし、これまで味方についてくれていた同僚も「この大切なときに一人だけ……」と不快に思う人もいるかもしれません。

幼稚園教諭が年度途中で辞めたい場合も負い目を感じる必要はない!

幼稚園教諭が年度途中で辞めたい場合も負い目を感じる必要はない!

幼稚園教諭が年度途中で辞めたいと考えると、「園児を見捨てるなんて最低」、「非常識」などと言われることを懸念している人もいるかもしれません。しかし、年度途中で辞められないということであれば、辞めるチャンスは新学期が始まる前のみとなりますが、むしろこちらの方が非常識です。幼稚園教諭も給料で雇われた従業員である限り、辞めたいときに辞められる環境であるべきですし、幼稚園側は従業員の退職を引き止めては絶対になりません。

幼稚園の教諭を年度途中でも当月末に辞める方法を解説!

幼稚園の教諭を当月末に辞める方法を解説!

幼稚園の教諭をこれ以上続けるのがしんどい場合は、1日でも早く辞めたいところです。そこで、ここでは年度途中関わらず当月末に退職する方法をご紹介します。

法律を利用して強制的に退職する

どうしても幼稚園の教諭を辞めたい場合は、法律を使って強制的に退職をすることがおすすめです。就業規則や園長先生の言うことを聞いていると、いつまで経っても辞めることはできません。

幼稚園の園長や同僚たちからはよく思われないかもしれませんが、どのみち金輪際会うことはないと思えば、どうってことはありません。

退職届を出してから2週間後に辞めることができる

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法電子版(総務省)

上記は民法の条文となり、これによると退職の申し入れをしたのち、2週間後に強制的に仕事を辞めることができます。ただし、幼稚園にとって2週間後はかなり早いので、引継ぎ等を含めると、月初に仕事を辞めたい旨を申し出て、月末退職が理想となるでしょう。

幼稚園教諭を辞めたいけれど、バックレは駄目!

幼稚園教諭を辞めたいけれど、バックレは駄目!

幼稚園教諭を辞めたいけど、園長先生からはすぐに辞めさせてくれない旨を言われた。そんなときに思いつくのがバックレですね。幼稚園には何も連絡せずに翌月から出勤を拒否する方法ですが、これはあまりおすすめしません。正社員であれば年金手帳や離職票など幼稚園側が従業員に退職時に返却しなければならないものがありますが、バックレてしまうと、幼稚園側もどうしていいか分かりません。

もしバックレしか解決策がない、ということであれば、上記法律を元に、メールや書留などで退職届を送ってからにしてください。そうすれば法律上は2週間後に契約を終了できます。ただし、やはり幼稚園側が素直に必要書類を送ってくれるとは限りませんので、リスクはつきものです。

自分で言えない場合は退職代行サービスを利用しよう

自分で言えない場合は退職代行サービスを利用しよう

とは言え自分で園長先生に法律を翳して辞めたい旨を訴えるのは、かなりの勇気が必要です。そこでおすすめしたいのが「退職代行サービス」です。LINEで無料相談&見積もり依頼をすることができますので、まずは自分の置かれている状況と辞めたい日付けを伝えてみてください。指定の日になったら、退職代行の担当者が幼稚園に連絡して、従業員が辞めたい旨を伝え、退職手続きを法律の下で進めてくれます。

もし有給休暇や退職金、未払いの残業代などがあれば、そちらも併せて請求することができるので、これらを証明できる証拠書類は勤務中に確保しておくといいでしょう。

退職代行を利用すれば年度途中でも幼稚園教諭を必ず辞められる?

退職代行は弁護士が請け負う分野となります。一部で普通の民間業者もサービスを提供していますが、弁護士が退職代行に当たるのであれば、まず間違いなく辞めたいときに辞めることができます。注意点としては、退職代行が幼稚園側に連絡をしたあと、幼稚園の園長や同僚上司からたくさんの電話やメールがくることでしょうが、これらはすべて無視しなければなりません。退職代行業者の知らないところで誤って返信をしてしまったり、直接面談するような約束をしてしまっては、退職代行の意味がなくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA