営業を辞めたい理由が「ストレス」。スムーズに辞める方法とタイミング

営業を辞めたい理由が「ストレス」は駄目?スムーズに辞める方法とタイミング

営業を辞めたい理由が単なる「ストレス」の場合、会社を辞めるわけにはいかないのでしょうか。「社会はそんな甘くない」といった声も聞こえて来るかもしれませんが、営業においてはストレスでの退職も十分理由として成立します。そこで、営業マンがストレスを理由にスムーズに辞める方法やタイミングをご紹介します。

営業マンが仕事を辞めたい理由のナンバーワンは「ストレス」

営業マンが仕事を辞めたい理由のナンバーワンは「ストレス」

労働組合加盟の調査によると、全国の営業マンが仕事を辞めたい理由は、1位が給料が低いから、ですが、2~4位が長時間労働、モチベーションの低下、先輩上司のパワハラなど、いわゆる「営業職や職場上におけるストレス」退職理由となります。

日本の営業マンは世界と比べると給料や職場環境で不遇な扱いを受けることが多く、「サービス残業」や「休日出勤」、「有給が使えない」、「上司にノルマ不達で追い詰められる」といった特殊ともいえる事情があります。

そのため、「ストレス」で辞めたいという営業マンの心の内には、上記のようなのっぴきならない事情を抱えているのが普通となり、営業マンにおいてはストレスも立派な退職理由となることが分かります。

ストレスを理由に営業を辞めたい場合は上司になんていう?

ストレスを理由に営業を辞めたい場合は上司になんていう?

ストレスを理由で営業を辞めたい場合は、そのまま上司に報告すると、「そんなことで辞めさせない」、「根性がない」、「それじゃあどこに転職してもやっていけない」とあしらわれることがあります。人手不足の職場であったり、部下が辞めることによって自分の評価に響くと考える上司の中には、パワハラをして辞めさせないケースも散見されます。

そのため、ストレス以外を理由として営業を辞めたい場合は、下記を検討してみてはいいかがでしょうか。

  1. 実家の両親のもとに帰省しなければならない理由ができた
  2. 他にやりたいことができた(別業界や起業など)
  3. 引っ越しをしなければならない理由ができた

など。しかし、もし病院にかかって「うつ病・自律神経失調症」といった心の病気だと診断された場合は、それを持ってして休職制度を利用したり、会社都合で退職をすることができます。また、職場の上司や会社が許せない場合は、損害賠償を請求することも可能です。

「ストレスの理由は?」この問題が解決できなければ営業を辞めよう!

「ストレスの理由は?」この問題が解決できなければ営業を辞めよう!

営業職に努める方は、業界は違えどストレスの中身はだいたい似通っているのが特徴です。営業を辞めたいと考えたとき、まずは「ストレスの中身(辞めたい理由)」を再度見直してみてください。

営業を辞めたい理由が「先輩・上司」にある場合

営業を辞めたい理由が職場の先輩や上司にある、という人は多いでしょう。特に同じチームであれば、嫌でも毎日顔を合わせなければなりませんし、一緒に車に乗って客先同行することも度々あるでしょう。「会議でいつも上司に怒られる」、「車の中で先輩に理詰めされる」、「上司からの評価がいつも悪く昇給できない」といった問題がある場合は、営業を含めてその会社を辞めるべきと言えるでしょう。

基本的に社内の先輩上司からパワハラを受けている場合、その人物が異動しない限りは問題が解決することはありません。仮に休職制度を利用して数か月休んだとしても、休職明けからはパワハラ上司がいる職場に戻り、より一層強い風当たりの中で勤務しなければなりません。

営業を辞めたい理由が「会社の待遇」にある場合

一方で営業を辞めたい理由が「給料が安い」、「残業が多い」、「営業以外の職種・部署に興味がある」と言うのであれば、会社の上司、もしくは人事に掛け合って職場の体質改善を訴えてみるのもいいかもしれません。給料や残業の問題は自社で労働組合があれば、そちらに相談してみるのもいいですし、自分で結成するのもいいでしょう。

この時点ではまだ退職行動に出るのは時期早々と言えますが、会社の職場改善が不可能と判断した場合は、速やかに辞める準備をするといいでしょう。

ストレスの原因が「営業に向いていないから辞めたい」と言う場合

ストレスの原因が「営業に向いていないから」と言う場合は、退職する前に上司に相談して、部署異動ができるかを確認してみるといいでしょう。ただし、法的に言えば従業員の部署異動に関しては会社側の裁量で決められるので、部署異動を人事が認めないのであれば、退職という決断を早期にするのがおすすめです。

営業を辞めたい理由がストレスの場合の退職のタイミング

営業を辞めたい理由がストレスの場合の退職のタイミング

ストレスを理由に営業を辞めたい場合の退職のタイミングは下記が理想となります。

  1. 決算月(大抵は3月)
  2. 12月(年末)
  3. 営業の職場における閑散期

上記であれば引継ぎも後任の採用もしやすいので、会社としてはありがたいタイミングとなるので、スムーズに退職することができます。ただし、現場の上司からするとタイミングに関わらず自分の部下の退職自体を許さないと考える人も多く、退職届を出しても受理してくれないこともあります。その場合はある程度強引な手段を用いて辞めることを覚悟しなければなりません。

営業を辞めたい人が覚えておくべきことは「どの職場も似たような待遇」

ただし、営業を辞めたい人に覚えておいてほしいのは、ストレスの原因が上司のパワハラや過度な残業などにあるとした場合、「仮に転職をしても、同じことの繰り返しになる可能性が高い」ことです。確かに会社によってブラックな職場とそうでない職場はありますが、日本における営業マンのほとんどは、似たような勤務状況と職場環境です。

そのため、上記の理由で会社を辞めたい場合は、根源は営業職にあるため、「別の会社の営業に転職したい」とはあまり思わない方がいいかもしれません。いっそのこと営業とはまったく別の職種に転向するか、もしくは営業事務のような営業周りの職種に転職することを検討してみましょう。

営業を辞めたいときに辞められる!退職代行の利用でスムーズな退職を

営業を辞めたいときに辞められる!退職代行の利用でスムーズな退職を

営業は職場によっては正当な理由であっても辞めるのが難しいケースがあります。その多くは社風を作る上司に原因があるのですが、人事や総務に掛け合っても問題が解決しない場合は、強引な手段で退職をすることができます。

退職代行とは、ブラック企業やパワハラ上司が原因で仕事を辞められない人が利用するサービスで、民間企業と弁護士事務所が提供しています。会社がブラック企業の場合や、未払いの給料、残業代、退職金、有給消化などがある場合は、弁護士に依頼するのが確実となります。

退職代行の特徴は下記となります。

  1. 費用:5万円前後(民間企業は3~5万円、弁護士は5~7万円)
  2. LINEで相談から依頼までできる
  3. タイミング関係なくいつでも辞めたいときに辞められる
  4. 退職代行を依頼してから最短2週間後に退職日を設定できる(それまでの期間は有給消化か欠勤)
  5. 退職の交渉から離職票送付の手続きなど、あらゆる交渉ごとを代行してくれる
  6. 退職代行に依頼した日から、会社関係の人からの電話は無視できる

従業員は民法と労働法で手厚く守られていて、退職を会社に告げてから2週間後に契約を解除することができるとあります。退職代行はこの法制度を利用するため、合法的かつ確実に会社を辞めたいときに辞めることができるのです。

ストレスで営業を辞めたい人が依頼する退職代行業者の選び方

ストレスが原因で営業及び会社を辞めたい人が退職代行に依頼する場合は、まずは自分が勤めている会社や上司がブラックかどうかを見極めてください。労働法を無視して「有給を使わせない」、「休日出勤したけど代休や振休を貰えない」、「三六協定に違反した労働時間」、「平然と社員の前でパワハラ行為に及ぶ」といったブラック体質な場合、2万円前後で請け負う民間の退職代行業者では、失敗する可能性があります。

退職代行業者は法律を盾に会社に対して依頼者の退職を指示しますが、もともと法律を守る気がない会社が相手の場合は、一般の退職代行業者ではなす術がありません。「退職代行に失敗しましたので全額返金します」と言われたあとは、上司や会社の社長に呼び出されて激怒されることは目に見えていますね。

そのため、ストレスを起因にした営業会社を辞めたい場合は、弁護士の提供する退職代行に依頼しましょう。料金が高いといっても、5万円前後で請け負ってくれるので、今の地獄から確実に解放されると考えたら、決して高いとは言えないのではないでしょうか。

退職代行を請け負う「みやび」は、弁護士業界の中では断トツの業界知名度を誇る弁護士事務所。

【特徴】
「料金は一律5万円」、「どんなブラック企業でも退職可能」、「LINEテキストで依頼可能」、「LINEで無料相談」、「有給消化・未払いの残業代・退職金請求可」
>>依頼・HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA