派遣をいま「すぐ」に辞めたい!そんなときのとるべき方法

派遣をいま「すぐ」に辞めたい!そんなときのとるべき方法

いま現在派遣で働いていて、出向先の職場が劣悪な環境のため「いますぐ辞めたい!」と考えている方は、是非ご覧ください。退職方法やトラブル回避術をすべてご紹介します。

派遣先の職場をいますぐ辞めたい!

派遣先の職場をいますぐ辞めたい!

派遣先の会社で先輩上司からパワハラを受けていたり、当初の予定にない残業を毎日強いられていて、さらに残業代もでない。そんな状況の中で「いますぐ辞めたい」と考えている派遣の人は少なくありません。

しかし、派遣元に状況の改善を訴えても「派遣先の上司と話し合ってくれ」と言われるだけで、一向に状況は好転しないことがほとんどです。

「派遣を辞めたい」と言うと、損害賠償を請求されることも

「派遣を辞めたい」と言うと、損害賠償を請求されることも

過酷な職場に耐えきれずに、いますぐ派遣を辞めたいといっても、派遣元から「これはうち(派遣元)と派遣先の契約だから、そんな簡単に辞められないよ」と言われたり、最悪、派遣元から「もし君が辞めたら、派遣先に違約金を払わなきゃいけないから、それを君に請求するからね」と脅されるケースも報告されています。

では、そのような事態に陥ったとき、派遣で働く人は本当に辞めることができないのでしょうか。本当に損害賠償を払わなければならないのでしょうか。

派遣は辞めたいときにすぐに辞める方法

派遣は辞めたいときにすぐに辞める方法

派遣社員は一般的に有期雇用となりますので、スムーズな退職は次の契約を更新しないことです。無期限雇用の正社員であれば法律上2週間前の退職の申し出で会社を辞めることができますが、派遣はこの法律が通じないことは覚えておきましょう。

では契約期間の満了を待たずして、すぐに派遣を辞めたい場合は、どうすることもできないのでしょうか。実はそんなことはなく、その気になればすぐに派遣を辞めることができます。派遣を辞める際は「やむを得ない事情」があれば、契約期間中でもすぐに辞めることができます。このやむを得ない事情というのは具体的な項目はありませんので、言うなれば「帰省しなければならなくなった」、「派遣先からパワハラを受けているから耐えられない」といった理由でも問題ありません。

賠償請求は支払う必要はある?

これはまったくありません。そもそも上記の例では、派遣元と派遣先との契約であり、仮に貴方が辞めたことによって派遣元に違約金の支払い義務が生じたとしても、貴方には何の関係もありません。また、「貴方が辞めたから支払わなければならないのだから、貴方が払うのが当然だ」や「貴方と契約するときも、しっかりと違約金の件は契約書に書いてある」と言ってきたとしても問題ありません。そもそも契約書に違約金を前提とした定めを設けるのは違法となります。

派遣をいますぐに辞めたい!トラブルが嫌な人は退職代行へ

派遣をいますぐに辞めたい!トラブルが嫌な人は退職代行へ

今回ご紹介したように、派遣をいますぐ辞めたい場合は、何か理由を繕うことができれば正当に辞めることができます。しかし、相手も法の隙間を縫って、何かにつけて損害賠償を請求してこないとも言い切れません。そんなときに法的知識のない個人が単独で突っぱねたり無視するのはいささか不安がありますね。退職代行を請け負っている弁護士であれば、法律のプロなので相手もすぐに引き下がります。退職代行を引き受けている弁護士は料金も安いですし、相談も無料です。是非一度連絡してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA