プログラマーを今すぐ辞めたい!ブラック企業で働く人は即日退職を!

プログラマーを今すぐ辞めたい!ブラック企業で働く人は即日退職を!

「プログラマーをいますぐ辞めたい」そんな人は多いはず。しかし、自分の性格では上司に直接言えないし、ブラック企業体質だから退職届も受理してくれない……。そんな人は、今回紹介する方法で簡単に解決できます。プログラマーで辞めたい人必見の記事です。

辞めたい人は多い!プログラマーはブラックな仕事!

辞めたい人は多い!プログラマーはブラックな仕事!

プログラマーはIT業界の中でもかなりブラックな職種です。正社員の方は先輩上司からこきを使われたり、パワハラまがいの叱咤を受けたりしますし、業務委託契約の場合は残業代が基本的に出ませんので、どんなに働いても年収が500万に達しません。

実は社交性が求められるプログラマー。辞めたい理由に「コミュニケーション」

実は社交性が求められるプログラマー。辞めたい理由に「コミュニケーション」

プログラマーに就職する前は、「1日中パソコンに集中してプログラミングをしている」イメージがあるものですが、実際業務につくと、集中してパソコンを弄っているのは全体の3~4割程度。それ以外はメンバーとの会議や、問題が発生した顧客からの電話の対応などが主となります。コミュニケーション能力も必要になってくるので、当初イメージしていたプログラマーとギャップが生じる場合も「辞めたい」と考える人が多くいます。

プログラマーを辞めたいなら即日退職しよう!簡単に実践する方法

プログラマーを辞めたいなら即日退職しよう!簡単に実践する方法

「もう会社に行きたくない」、「明日からプログラマーを辞めたい」と考えている人は、退職代行を利用してみるのはいかがでしょうか。普通の会社員が退職をする場合は最低でも2週間前の申告が必要ですし、会社規定があれば、退職にさらに待ったがかかります。一方業務委託の場合は、契約期間の有り無しで退職までの最短日数は大きく変わってきます。いずれにせよ自分では判断できませんし、仮に判断できても行動に移すのは困難です。

プログラマーを辞めたいだけではなく損害賠償の請求もできる!退職代行の利用

退職代行に依頼すると、彼らは即日か翌日に対応してくれるので、その日から会社へ行く必要はありません。業務委託で契約期間が定められている場合は、期日まで勤務の義務が生じますが、パワハラを相手に認めさせることができれば、違約金なしの契約の解除だけではなく、パワハラ相手に損害賠償を請求することができますし、契約期間の残りの報酬を受けとることもできるかもしれません。

業務委託者やパワハラで辞めたいプログラマーは、弁護士に退職代行を依頼しよう

業務委託者やパワハラで辞めたいプログラマーは、弁護士に退職代行を依頼しよう

上記で紹介したように、パワハラで辞めたいプログラマーは損害賠償の請求ができますし、業務委託契約を結んでいるプログラマーは、契約解除(退職)の話し合いをしなければなりませんので、いずれも民間の退職代行業者では請け負うことができません。法律のプロフェッショナルである弁護士に依頼するようにしましょう。

業務委託者は必ず弁護士に依頼を!おすすめは「みやび」

弁護士といってもここで紹介する弁護士法人「みやび」は、民間業者と料金もほとんど変わりませんし、LINEによるチャットでの相談を無料でできます。弁護士としては珍しく、これまで退職代行の業界に古くから参入しているので経験も豊富。必ず力になってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA