20代で公務員を辞めたい場合。やめるべきか我慢するべきかのポイント

20代で公務員を辞めたい場合。やめるべきか我慢するべきかのポイント

20代で公務員を辞めたいと考える方も最近は多くなってきました。ただ、公務員は一般職とは異なりますので、20代で辞めたい場合は慎重になるべきと言えます。そこで、本記事では20代で公務員を辞めたい人に向けて、辞めるべき人と我慢すべき人についてご紹介します。

20代で公務員を辞めたい!でも我慢するべき人とは?

公務員を辞めることを我慢するべき人とは?

20代という若い年齢でも公務員を辞めたい場合、どういった事情であれば、「まずは我慢を」と思いとどまるべきなのでしょうか。

まずはなんと言っても「人間関係で悩んでいるから辞めたい」という人です。人間関係で悩むのは官民、業種、業界問わず起こり得ることであるため、辞めるのは我慢した方が良いでしょう。悩んでいるのであれば、話せる同僚か人事に相談することで解決することもあります。

また、安定した福利厚生や生活を求めている20代の方も公務員のままでいることをおすすめします。民間企業は特に福利厚生の面で公務員と差が大きくでる場合がありますし、民間企業であれば当然経営が悪くなれば賞与のカットや減給、リストラもあります。

20代のうちに公務員を辞めたいと考えている方は、まずはこれらを念頭において、「仮に転職しても、転職先で同じ悩みに当たる可能性がある」ことを知っておく必要があります。

20代で公務員を辞めた方がいい場合

公務員を辞めるべき人とは?

では、一方で20代で公務員を辞めるべき人とは具体的にはどのような人なのでしょうか?まずは、今の職場環境が劣悪な場合です。公務員にもパワハラやいじめは存在します。自分がその対象となっている場合は、20代の若さでも公務員を辞めたいと思えば、それに従うべきと言えます。

また、公務員の他にやりたい仕事がある場合も退職をおすすめします。公務員は勤続年数が長くなれば、それだけなあなあで働き続け、辞めたいと思わなくなります。20代の若いうちは公務員から他業種への転職もしやすいですが、年齢を重ねるごとに、転職は厳しくなってしまうので、辞めるならば20代の早いうちがいいでしょう。

退職するなら早めに準備を

以上のように、業務事態に不満を持っていたり、やりたい仕事が他にある人は、公務員を辞めたい場合、「異動時期」や「年度」に配慮する必要はありません。なるべく早く決断し、上司に話すなどして行動を起こした方が良いでしょう。

20代の若いうちは公務員の体質が我慢できない。辞めたい場合はキャリア転向を検討するのも

公務員の体質が我慢できないのであれば辞めるべき

公務員は多くの人がこなせる事務仕事を定年まで行うため、20代の働き盛りの方は、やりがいを見つけることができなく、早々に辞めたいと考えてしまいがちです。もし他にやりたい仕事があるのであれば、いっそのこと転職するのもいいでしょう。特に若ければ若いほどチャンスを掴むことができますので、公務員を辞めたいと悩んでいる20代の若者は、まずは行動に移してみてはみてはいかがでしょうか。

【参考URL】
https://jiseki-koumuin.com/quit-8/
https://public-allabout.com/20th-yametai/#20-3
https://loco14blog.com/komuin-retirement-20/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA