運送会社のドライバーが事故!自分で負担しなければならない?

運送会社のドライバーが事故!自分で負担しなければならない?

運送会社で働くドライバーが勤務中に事故に遭い、損害賠償を払うことになった場合、やはり自分で負担しなければならないのでしょうか。会社側に請求することはできないのでしょうか。今回は運送会社で働く人が事故に遭ったときの対処方法をご紹介します。

ダンプの運転手はこちらの記事をチェック!

運送会社のほとんどは保険に入っていない!自分で負担する可能性大!

運送会社のほとんどは保険に入っていない!自分で負担する可能性大!

大手の運送会社なら話は別ですが、零細から中小の運送会社の場合、基本的にドライバーが事故を起こしたときの保険は加入しておりません。保険は非常に高額ですし、一般の自賠責も通用しません。そのため、運送会社はなるべく責任を取りたくないため、車両持ち込みの個人事業主と業務委託契約を交わしたがるのです。

それでは、仮に従業員として運送会社で働いていて、勤務中に事故を起こした場合は、100%従業員であるドライバーが賠償を支払わなければならないのでしょうか。

運送会社も事故による負担義務が生じる!

運送会社も事故による負担義務が生じる!

どんなに運送会社が従業員に激怒して「お前が悪いんだから、全部払え!」とまくしたてても、法律上運送会社も事故による支払いの負担義務が生じます。これは、従業員であるドライバーは会社の利益のために勤務しており、その勤務上で事故を起こしているため、当然不利益も会社側は被らなければならないという正当な理論があります。

しかし、例えば物損事故で納品物が破損した際の負担であれば、せいぜい数十万円。しかし人を轢いてしまったり相手を死亡させてしまった場合は、事故による賠償金は数千万円に上ります。単なる従業員が支払うことができる金額を大きく超えてしまいますね。そのため、運送会社で働くドライバーが事故を起こしてしまった際に最重要となるのが、「事故による負担の割合」です。

運送会社の従業員は絶対に知るべき!事故の負担割合

運送会社の従業員は絶対に知るべき!事故の負担割合

運送会社の従業員が勤務中に事故を起こした際、運送会社との負担の割合はどのくらいになるのでしょうか。実は、この事故による負担の割合は法律では決まっていなく、そのときの事故の発生原因や従業員の勤務状況によって変わってきます。

具体的に説明すると、運送会社は日ごろ従業員の事故を未然に防ぐために、どのような措置を講じていたのかです。例えば、毎日複数回の車の点検を行っていたかどうか、従業員(ドライバー)のメンタルケアはしっかりとフォローしていたかどうか、勤務時間は法律の範囲内かどうか、しっかりと従業員に休息の時間を与えていたかどうか、などなどです。

一方で従業員の方は、日ごろの勤務態度を見られます。毎日出勤していたか。会社での評判はどうだったか(真面目に働いていたか否か)、出勤前に点検はしたか、などなど。

事故の実際の負担の割合は2~3割が妥当?

事故の実際の負担の割合は2~3割が妥当?

では、運送会社の従業員が事故を起こしてしまった場合、実際の負担の割合はどのくらいが多いのでしょうか。これは会社との交渉や法廷で争うことになる事案に発展することが多々あるのですが、おおむね従業員が2~3割の事故の賠償負担、会社側が7~8割の負担となることが多いようです。

ただし、こちらが法的知識がないまま、何もしないでいると、会社側が強きにでて、もっと多くの負担を強いてくることも普通にあります。2~3割の負担であっても、金額によっては破産の窮地に陥ることもあるので、必ず最後まであきらめないで争うようにしましょう。

貴方の運送会社は大丈夫?賠償金を予め定めているのは違法!

ご覧のように、最初の契約時に書面で「事故を起こした際は100%当事者が負担する」、「〇〇をした場合は〇〇円払う」といったことを定めておくのは、法律上違法となるため、仮にこの記載があっても無効となるのでご安心ください。

事故の負担割合に問題があるときは、まずは弁護士に相談しよう!

事故の負担割合に問題があるときは、まずは弁護士に相談しよう!

運送会社で働いていて事故を起こしてしまった場合、「会社側から多額の請求をされている」、「こんなに払ったら自己破産するしかない」というドライバーは、弁護士に相談することによって負担額を減らすことが可能です。法廷ではある程度の過失があるのであれば、ドライバーにも負担を強いることもありますが、一般人の一般所得で払える支払い能力可能範囲を見極めてくれます(それでも死亡事故は難しいですが)。

運送会社側にいいようにされないように、まずは弁護士に相談してみるといいでしょう。弁護士は高いイメージがありますが、民間の弁護士であれば、数万円の基本料金に歩合のみで引き受けてくれるところもありますよ。

おすすめの弁護士はこちら!下記記事末にて紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA