歯科衛生士を辞めたい人に向けて「辞めてよかった」口コミを紹介!

歯科衛生士を辞めたい人に向けて「辞めてよかった」口コミを紹介!

歯科衛生士を辞めたいと言う人の理由は意外と共通しています。ここでは「歯科衛生士を辞めてよかった」という意見を紹介するとともに、辞めたい場合のおすすめの手順を解説します。

歯科医院では歯医者よりも歯科衛生士の離職率が圧倒的に高い

歯科医院では歯医者よりも歯科衛生士の離職率が圧倒的に高い

全国にある歯科医院はおよそ6万8000施設あり、これはコンビニの5万5000軒よりも1万軒以上多い試算となります。歯科医院の多くが激しい競争の中厳しい運営を迫られており、その弊害は現場で働く歯科医(歯医者)や歯科衛生士に及ぶことになります。

しかし、歯科医は重宝される職務となり、どうしても歯科衛生士と比較するとあらゆる待遇に恵まれており、離職率を見てみると、歯科衛生士の方が多く、また後述する退職代行などの利用者層を見ても、歯科衛生士の割合が非常に高いことが挙げられます(近年は歯科医の相談も増えてきましたが)。

歯科衛生士を新卒~1か月ですぐに辞めたいという人が多い理由

歯科衛生士を新卒~1か月ですぐに辞めたいという人が多い理由

歯科医院は上記で紹介したように、施設数はコンビニ以上となり、その多くは従業員5名前後の小規模の個人経営となります。歯科医院長と副院長は施設オーナー夫妻が担っているのが普通で、労働法や就業規則などの法令順守に関していささか意識が欠けている人が多いのが実情です。

そのため、新卒で歯科衛生士として勤務を開始しても、組織の体(てい)がない歯科医院に辟易して、1か月や2か月で辞めていく人が非常に多くいます。

歯科院長夫妻のパワハラやセクハラに嫌気がさす

女性歯科衛生士の中には歯科院長からセクハラをされたり、他の従業員と異なる対応や食事に誘われることもあります。それを奥様である副院長が知ってしまうと大変なことになり、パワハラをされるようになった、という歯科衛生士も少なくありません。

福利厚生がほぼない

歯科衛生士の中には「当然社会保険は入っていると思っていたけど入っていなかった」、「年末に確定申告してね、と言われた」など、法令意識の低い個人経営の歯科医院では、節税のために歯科衛生士をアルバイトのような扱いで雇っていて、それを当人に伝えない悪質なところもあります。

退職金がない。有給が使えない

個人開業の歯科医院では上述したように福利厚生を整備する意識が非常に低く、特に開業数年のうちで退職金制度を整えている歯科医院はほとんどありません。

また、仮に退職金があっても勤続5年から10年で数十万円。10年以上働いても100万円以上にならないことがほとんどです。また、「うちは有給はないから休みたいときは都度相談してね」という歯科医院も良く見受けられます。

しかし、有給がないというのは日本の企業ではあり得ません。有給は会社側が用意するものではなく、国が付与する制度となるので、有給休暇は法に則って必ず取得することができます。

歯科衛生士を辞めたい!「辞めてよかった」という意見を紹介!

歯科衛生士を辞めたい!「辞めてよかった」という意見を紹介!

歯科衛生士として今現在働いている人の中には、「もう仕事を辞めたい!」という方もいるでしょう。そこで、以下では歯科衛生士の仕事を辞める前に、「歯科衛生士を辞めてよかった」という意見をご紹介します。

歯科衛生士よりも給料が上がったときに「辞めてよかった」と思える

歯科衛生士の仕事を辞めてよかったと思えるときは、「他業種への転職に成功したとき」です。歯科衛生士は専門学校や短大で最短3年後になることができますが、基本的に一般の四大卒と比べると給料面で格差があります。

ただし、歯科衛生士で培ったマナーや礼儀作法や事務職でも十分通用できますし、臨機応変に柔軟な対応が求められる職務は営業事務にも通じます。

「歯科衛生士のときよりも給料はがくって下がると思ってたけど、むしろ上がった」
という場合は歯科衛生士を辞めてよかったと思える一瞬でしょう。

歯科衛生士よりも福利厚生が断然いい職場に転職できたときに「辞めてよかった」と思える

個人経営の歯科医院に勤めている歯科衛生士は上述したように福利厚生に難があります。少ない従業員で回すため、歯医者も歯科衛生士も土日休みがありませんし、サービス残業を強いるところも普通にあります。

それに嫌気がさして歯科衛生士を辞めて他業界に転職した際、

「いまの職場は土日祝が完全休日なので辞めてよかった」
「社会保険はもちろんだけど、年金以外にも持ち株制度があるのがうれしい」
「フレックスタイム制だから子供を学校におくった後に出勤できる。歯科衛生士のときじゃ考えられない待遇」

といった成功体験例も実際に報告されています。転職に成功するコツとしていは、事前の業界研究となります。

歯科衛生士に向いていない人はどんな人?

歯科衛生士に向いていない人はどんな人?

では、上記を踏まえて歯科衛生士に向いていない人とはどんな人なのかを以下に紹介します。

  • キャリアアップを強く望む上昇志向の人
  • 歯科衛生士の相場よりも多くの年収・収入を得たい人
  • 企業・組織の中で働きたい人
  • 土日祝の休みなど安定した生活をおくりたい

といった人が挙げられます。

歯科衛生士を辞めたい場合のおすすめステップ

歯科衛生士を辞めたい場合のおすすめステップ

歯科衛生士を辞めたい場合、歯科院長に退職の旨を告げてスムーズに辞めさせてくれるのであればいいのですが、院長が傲慢であったり、明らかに人手不足の場合は、退職届を受け取ってくれなかったり、退職の手続きをしてくれないこともよくあります。

また、強引に辞めてしまうと離職票を送ってくれず、失業保険の申請ができなかったり、当月の給料や残業代を振り込んでくれないこともあります。

そんな歯科医院に勤めている歯科衛生士は、以下の手順を参考に退職の手続きをしてみてはいかがでしょうか。

  1. 歯科院長に退職届を提出する
  2. 断られた場合、いつなら辞められるかを相談する
  3. 辞めさせてくれない場合や、退職日まで心身がもたないのですぐに辞めたい場合は、退職代行業者に問い合わせする
  4. 退職代行業者に相談&依頼
  5. 退職代行業者の担当者が歯科院長に電話する日を決めて、その日以降出勤はしないため、引継ぎや備品返却の準備をしておく
  6. 退職代行業者が歯科院長に退職の連絡をする
  7. 退職日まで有給休暇の消化をする

退職の旨を伝えてから退職日までは最短で14日と法律で決められています。そのため、有給が14日以上あればすべて充てることができますし、なければ無給の欠勤の交渉をすることになります。

歯科衛生士におすすめしたい退職代行業者とその理由

歯科衛生士におすすめしたい退職代行業者とその理由

話の分からない歯科院長が相手の場合、普通の退職代行業者だとなし崩し的になってしまい、一向に退職手続きが進まないといったケースも考えられます。

そこで歯科衛生士におすすめしたい退職代行業者が弁護士事務所「みやび」です。古くから退職代行の業界で活躍していて、一般個人を相手にしているため料金が5万円~と格安なのが魅力。また、民間企業の良きサービスを模範して、LINEチャットによる相談&依頼を受け付けているのも特徴です。

歯科衛生士や歯医者の退職代行実績も豊富なので、全国の歯科衛生士からの依頼を請け負うことができます。是非一度LINEで相談してみてください。

退職代行を請け負う「みやび」は、弁護士業界の中では断トツの業界知名度を誇る弁護士事務所。

【特徴】
「料金は一律5万円」、「どんなブラック企業でも退職可能」、「LINEテキストで依頼可能」、「LINEで無料相談」、「有給消化・未払いの残業代・退職金請求可」
>>依頼・HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA