うつ病・パワハラで100万円手に入る!退職代行を使って仕事を辞めるだけ!

うつ病・パワハラで100万円手に入る!退職代行を使って仕事を辞めるだけ!

仕事が激務、あるいはセクハラやパワハラに毎日我慢しているうちに、身体の中から歪が生じることがあります。うつ病や自律神経失調症といった精神的なバランスの崩れは特に仕事によって生じやすく、昔から日本の社会問題ともなっています。

会社のパワハラが原因でうつ病など精神的な疾患を患ってしまったならば、仕事を辞める際に退職代行を使ってみてはいかがですか。いままで辞めさせてくれなかった上司が手の平を返したようにスムーズに退職届を受理してくれるだけではなく、仕事を辞めるときにうつ病とパワハラで最高100万円得ることができるかもしれませんよ。

パワハラによるうつ病。ただ仕事を辞めるなんてダメ!

パワハラによるうつ病。ただ仕事を辞めるなんてダメ!

長期間の先輩上司からのパワハラによって、病院でうつ病や自律神経失調症と診断された場合、単に仕事を辞めるだけなんて我慢なりません。パワハラやモラハラ、セクハラはどんな理由があっても正当化することはできません。ここで自分が制裁を加えなければ、会社は新たにパワハラをする従業員を見つけるだけで、何の解決にもなりません。

また、パワハラでうつ病が発症したら、自律神経失調症や拒食症、不眠症といった精神病も併発する可能性があり、そうなると、仮に仕事を辞めることができても、その後の転職や結婚などにも支障が出るかもしれません。単にいまの仕事を辞めるだけでは、パワハラによるうつ病は簡単に治りませんので、会社側に何かしらの責任をとらせるべきではないでしょうか。

うつ病と診断!仕事を辞めるときにパワハラで訴えよう!

うつ病と診断されたらパワハラで訴えよう!慰謝料を貰える

うつ病と診断されたら、それを理由に仕事を辞める前にパワハラ相手に慰謝料を請求するようにしましょう。慰謝料の額自体は自由に設定できますが、相場は50万から100万円。プライベートでの慰謝料は30~50万円程度が相場ですが、仕事によるうつ病となると、それよりも高い傾向にあります。

ちなみに、うつ病やパワハラによる慰謝料は、パワハラをした上司個人と、それを放置し何の対応もしなかった会社の両者に対して請求することができますので、仕事を辞める前にしっかりと証拠集めをしておいてください。

パワハラとうつ病で仕事を辞める前に慰謝料請求。裁判ではないから安心して

慰謝料=裁判ではないから安心して

パワハラとうつ病で仕事を辞める前に慰謝料請求をすることになりますが、「裁判って長引きそうだしお金もかかるイメージ」と良く勘違いされている方がいますが、慰謝料=裁判というわけではありません。裁判は公となるので、会社の信用が著しく傷つくため、基本的に会社は裁判を敬遠します。

こちらが「慰謝料請求の裁判を起こします」と言いながら証拠があることを明示すれば、ほとんどの会社は「示談金を払うから裁判はやめてくれ」と言ってきます。会社側からすると、50万、100万円払ってでも裁判はしたくないのが本音です。そのためにも、仕事を辞める前までにどれだけパワハラの証拠をとっておくかが重要となります。うつ病の診断書があればさらに有効です。

うつ病&パワハラで仕事を辞める。退職代行の利用がおすすめ

パワハラなど精神的な圧力を受けてうつ病になった人は、仕事を辞めるにあたって慰謝料を請求するような精神力はもう残されていません。そこで取るべき方法が「弁護士に退職代行を依頼する」ことです。民間業者では退職代行はできても慰謝料云々は経験がないのでどうすることもできません。慰謝料の他にも有給消化の有無や退職金の請求など金銭に関わる案件がある場合は、必ず弁護士に依頼しましょう。

https://taishoku-joho.com/severance-pay/

おすすめの弁護士事務所

https://taishoku-joho.com/store/miyabi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA