介護職(介護士)を辞めたいけど辞められない。今月末に退職する方法

介護職を辞めたいけど辞められない。今月末に退職する方法

介護職(介護士)に就いたけど、「想像していた仕事と違う」、「自分に合わない」と辞めたいけど辞められない人は意外と多いようです。責任のある仕事であるからこそ、辞めたいと感じたらできるだけ早く退職するべきともいえます。そこで、今回はどんな施設長・管理者が相手でも今月末に辞める方法をご紹介します。

離職率の高い介護職(介護士)を辞めたい理由

離職率の高い介護職(介護士)を辞めたい理由

ここ数年で職場環境の改善から離職率は横ばいになっているものの、それでも年平均で11~15%で推移。短時間労働者(常勤よりも短い勤務時間)の離職率は25%にも上ります。介護職(介護士)を辞めたい理由は下記が主となります。

  • 施設長・管理者からパワハラを受けている
  • 施設の方針・ルールに付いていけない
  • 施設の方針ややり方を変えたいけれど、意見できる環境でない
  • 当初描いていた理想と全然違った。自分に合わない。

上記理由で介護職(介護士)を辞めたいと考えている人は全国で非常に多く、また、それは施設規模が小さくなれば、それだけ理不尽な環境と待遇を強いられて離職率が高くなる傾向にあります。

介護職(介護士)を辞めたいけど辞められない事情

介護職(介護士)を辞めたいけど辞められない事情

本来ならば、「今月末で退職させてください」と退職届を出して終わりのはずですが、介護職(介護士)の場合は責任ある仕事に関わるため、なかなかうまく辞めることができない可能性があります。辞めたいけど退職を申し出たら、人手不足を理由に辞められなかったり、施設長や管理者から「いま辞められても困る」などと言われて、辞めたいけど辞められない状況が延々と続いてしまう……、もしそんな状況に現在陥っている方は要注意です。施設自体が法律をよく理解していないで介護士を雇っているため、いつまでも辞められないで、自分を取り巻く環境は悪くなるばかりとなるかもしれません。

介護施設の施設長のパワハラや過酷な勤務時間についていけない

小さな民間の介護施設は国からの補助金も少ししかでないため、常に経営が不安定です。また、介護職(介護士)は上述したように離職率が高く定着率がよくありませんので、慢性的な人手不足です。そのため、365日24時間稼働している介護施設の職場はかなり過酷。それに加えて施設長や管理者からパワハラめいた言動や理不尽なことを強いられるケースも普通にあります。

介護職(介護士)を当月末で辞めたい場合の方法

介護職(介護士)を当月末で辞めたい場合の方法

介護職(介護士)を辞めたいけど辞められない状況がいつまでも続いていると、次第に精神が病んでくるものです。そんな状況で働き続けていると、業務上のミスが重なり、重大な問題を引き起こしてしまう可能性もあります。そのため、本来ならば介護職(介護士)を辞めたいと思ったときに辞められるのがベストと言えます。

では当月末で辞めたい場合はどうすればいいのでしょうか。まず、当月末で辞めたい場合は、当月頭に管理者・施設長に辞めたい旨を告げましょう。法律を介して説明すると、退職の旨を会社に告げれば、2週間後に従業員は会社の引き止め関係なしに辞めることができます。これは俗に言われる「退職2週間の法則」というものです。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法電子版(総務省)

しかし、この法律を管理者や施設長に言って、「法律によって私は辞めさせていただきます!」なんて強気にはなかなか出られませんよね。そこで利用してほしいのが「退職代行」です。

退職代行に依頼すれば介護職(介護士)を辞めたいときに辞められる!

退職代行に依頼すれば介護職(介護士)を辞めたいときに辞められる!

あまり聞きなれないかもしれませんが、主に弁護士が退職代行の依頼を請け負っています。利用者は退職したいけどできなかったり、日ごろ上司からのパワハラにおびえているような人なので、料金設定も低く、5万円ちょっとで請け負ってくれます。LINEのチャットで弁護士とやり取りすることができ、依頼したらすぐに介護施設に連絡して退職の手続きを代行してくれます。

まずは相談してみよう!無料で相談できる弁護士事務所「みやび」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA