仕事が嫌!朝の憂鬱を完全に解決する方法

仕事が嫌!朝の憂鬱を完全に解決する方法

「仕事の出勤前の朝は毎日憂鬱」という人は多くいることでしょう。精神的に仕事に行きたくないという想いは、ときにうつ病を引き起こすこともあります。そこで、今回仕事前の朝が毎日憂鬱と感じる人に向けて、強くおすすめしたい解決方法をご紹介します。

仕事前の朝は毎日が憂鬱!職場以外にも原因がある

仕事前の朝は毎日が憂鬱!職場以外にも原因がある

仕事前の朝は毎日が憂鬱、という人は多いですね。ストレス社会と揶揄される日本の現代社会では、「仕事に行きたくない」という社会人が多く、これは社会人になりたての若者だけではなく、中高年世代でも頻繁に起こり得る現象となります。

しかし、毎日が憂鬱というのは、実は職場以外にも原因があることはご存知ですか。原因を解決することができれば、朝の憂鬱も晴れるのですが、職場の嫌な先輩上司にばかり目を向けていると、一向に解決に至らないことも多々ありますので注意が必要です。

朝の憂鬱の原因は「起床時間」にある

憂鬱の原因は、職場だけではなく朝の起床時間にある可能性も考えられます。起床して朝食を食べる時間もなくスーツに着替えて自宅を出る毎日が続くと、ふとしたタイミングで自分の中の心の糸が切れてしまい、頭に靄がかかったような憂鬱の状態になることがあります。

一方で出勤前の2時間前に起床をして、早朝のジョギングなどちょっとした運動を行うだけで、心は晴れやかになり、仕事に対する恐怖心を限りなく抑えることができます。

満員電車&通勤時間が原因の朝の憂鬱

毎朝決まった時刻に起きて決まった電車に乗る。満員電車に1時間も2時間も揺られる毎日が続けば、誰であっても憂鬱になってしまうものです。そんな時は、いつもよりも30分ほど速い電車に乗ってみませんか。込み具合も違いますし、時間に余裕ができて、仕事前にスタバで軽食をとることだってできますよ。

「そんな早く起きれない」という方は、思い切って仕事場の近くに引っ越しをするのも効果的です。

仕事終わりの平日にイベントを作ってみる

仕事終わりの平日にイベントを作ってみる

おそらく多くの人は週末に遊びや旅行、趣味、習い事といったモチベーションが上がるイベントを入れることによって、「今週がんばるぞ!」という気になっていることでしょう。

しかし、それでは週末の連休が終わった途端に「明日から仕事だ……」と憂鬱モードに入ってしまいます。少し前に注目された「サザエさん症候群」のように、楽しいことのあとに仕事を考えてしまうと、どうしても憂鬱になります。

そこでおすすめしたいのが、「仕事終わりの平日にプチイベントを作ってみる」というもの。イベントの内容は何でも構いません。オフ会や友人との飲み会、習い事、恋人とちょっと贅沢なレストランディナー等々。平日にイベントを作ることによって、週末を待ち焦がれることがなくなり、本来仕事だけで終わる毎日にちょっとした幸福が訪れます。それが徐々に朝の憂鬱を解消してくれることでしょう。

朝の憂鬱は仕事が原因!即転職するのはあり?

朝の憂鬱は仕事が原因!即転職するのはあり?

上記は精神不安による朝の憂鬱の解消法となり、もし職場の先輩上司からパワハラやいじめを受けているなど、朝の憂鬱の原因がすでに特定されている場合はどうすればいいのでしょうか。

上司のパワハラは非常に根深い問題となり、なかなか解決に至るのは困難です。中堅以上の会社であれば、上司の上司に連絡できたり、人事に頼んで部署の異動をお願いしたりすることができますが、パワハラに悩んでいるほとんどの人は、そのような融通が利くような仕事の環境にはありません。

そこで考えるべきは、当然転職の道ということになります。

最近流行りの「オンライン〇〇」

世間ではwithコロナが進む一方で、ネット上でさまざまな学習や娯楽を楽しめる「オンライン〇〇」も休息に普及しました。自宅で気軽に旅行気分を満喫できるオンラインツアーや、zoomを介して料理教室や英会話教室を受講することも可能です。

また、男性にも女性にもおすすめなのが「オンラインヨガ」。日ごろの運動不足で身体がなまりがちの30代には特に有効です。有酸素運動は身体全身に酸素を供給することができ、新陳代謝を高め血行を促進します。睡眠も深くなり、朝の憂鬱な気分も解消される可能性が大です。

毎日転職探しをするだけで朝の憂鬱が減少する理由

朝の憂鬱や職場に耐えられなくなったら、すぐに退職届を出して辞めるよりも、まずは転職サイトに登録して吟味してみてください。転職エージェントに登録すると、自分の担当がつきますし、現在の転職状況や希望の職種の有無などを細かく教えてくれます。

そのように毎日仕事終わりに転職サイトをチェックするだけで、「自分は今の仕事をいつでも好きなときに辞めることができるんだ」と考えるようになり、驚くほど気分が軽くなります。例えば朝の通勤の電車の中で探してみるのもいいでしょう。希望の会社にエントリーシートを提出した途端、「もうこんな日々ともサヨナラだ」と仕事に対する嫌悪感を大きく抑えることができます。

副業を持つことで仕事の重みを軽減できる

副業を持つことで仕事の重みを軽減できる

朝の憂鬱の原因には「仕事への責任感」や「仕事を辞めたら生活が傾く」というプレッシャーが背後にまとわりつくことも挙げられます。そのため、副業を持つことで収入アップ及び分散化が可能となるため、生活に大きな余裕ができます。

一昔前までは会社員の副業といえば深夜警備やコンビニやレストランのバイトでしたが、昨今はITの普及により、パソコンさえあれば自宅で数万円の収入は比較的簡単に得られるようになりました。「自分はそんなスキルないよ」と思うかもしれませんが、エクセルのデータ入力や簡単なライティングなど、できることはたくさんありますし、メルカリやアマゾンで仕入れた商品を売買するのも一定の利ザヤがとれておすすめできます。

ある程度副業が安定してくると、本業と近い収入を得られるようになります。すると、いままでの朝の憂鬱が嘘のように、「いつでも副業を本業にできる」、「いまの仕事場は今日にでも辞められる」とポジティブな思考をもって出勤することができるようになります。

憂鬱はもしかすると精神病かも。まずは心療内科の受診を

憂鬱はもしかすると精神病かも。まずは心療内科の受診を

憂鬱とうつ病は紙一重です。土日に憂鬱になる一時的なものではなく、朝毎日が憂鬱で仕事に行きたくなく、突然お腹が痛くなったり、熱が上がったり、吐き気や眩暈がしてきたら要注意です。うつ病や自律神経失調症、狭心症の可能性が考えられます。

この場合は一度心療内科を受診してみるのがいいでしょう。もしうつ病と診断され、その原因が先輩上司のパワハラや過剰な残業といった仕事の職場にあるのであれば、上司のさらに上の役職や人事・総務に訴えるのもいいでしょう。また、それでも一向に改善されない場合は、仕事を退職すると同時に会社と上司を訴えてみるのも景気づけにはちょうどいいです。上記のような会社理由の退職の場合は、「会社都合の退職」とみなされますので、すぐにでも失業保険が下ります。会社と上司への賠償金の請求は裁判になる可能性はほとんどなく、基本は示談で30~100万円の間で事が収まります。そのお金を手に引っ越しをしたり、ちょっと贅沢な海外旅行を楽しんだりするのもいいでしょう。

毎日続く朝の憂鬱は心の黄色信号。必ず対処しよう

毎日続く朝の憂鬱は心の黄色信号。必ず対処しよう

朝の憂鬱も時折であればいいのですが、毎朝続くのであれば、それは心のどこかが悲鳴を上げている証拠です。まずはここでご紹介したリフレッシュ方法を試みて、それでも駄目な場合は、仕事に対する向き合い方を改めて考えてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA