弁護士に退職代行を依頼。実際の費用はどのくらいかかる?

弁護士に退職代行を依頼。実際の費用はどのくらいかかる?

弁護士に退職代行を依頼する場合、気になるのがやはり「費用」です。退職代行を依頼するほとんどの人は弁護士自体がはじめての利用。漠然と高額な費用を請求されると考えがちですね。そこで、今回は退職代行を弁護士に依頼した際の相場と費用をご紹介。そんな高くないから驚きです。

退職代行を請け負っている弁護士。費用はそれほど高くない?

退職代行を請け負っている弁護士。費用はそれほど高くない?

弁護士といえば「高額な費用がかかる」と想像する人がほとんどではないでしょうか。しかし、実は弁護士に依頼する費用は高額ではありません。まず、多くの人が想像している弁護士と言えば、高層ビルに事務所があり、全員がぱりっとしたスーツに身を固めているようなイメージがあるかもしれません。しかし、こういった弁護士は富裕層や企業の顧問弁護士を主な業務としており、一般人や個人は誰かの招待状がない限り利用できません。

退職代行を請け負っている弁護士は、上記のような高級な弁護士ではなく、ある意味一般人に特化した弁護士となります。例えば離婚による親権問題や相続の問題、不倫の慰謝料請求に債務整理など、個人が誰でも依頼できるような弁護士となります。そのため、誰でも依頼できるように最低費用は抑えられていることは、まず安心できる材料ですね。

退職代行など、弁護士に依頼する際の費用の内訳

退職代行など、弁護士に依頼する際の費用の内訳

退職代行を含めて、弁護士に依頼する際は、一般的にどのような費用がかかってくるのでしょうか。

弁護士の費用① 相談料は有料or無料

弁護士と言えば、相談料を時間で取るというイメージがある人もいるのではないでしょうか。30分5000円、1時間1万円といった具合に……。しかし、昨今一般人が依頼できる弁護士事務所では、相談料は無料という弁護士事務所が普通となります。退職代行を請け負っている弁護士事務所も、相談料は無料で、しかもLINEのチャットでやりとりできるところもあります。

弁護士の費用② 着手金

弁護士事務所によって料金体系が分かれるところがこちら。着手金とは、「依頼を受けるにあたって、最初に前金でこれだけもらいますよ」という金額です。依頼内容によっても異なりますが、5~20万円程度が相場。

ただし、弁護士事務所によっては、この着手金が無料で、完全成功報酬のところもあります。

弁護士の費用③ 成功報酬

弁護士の大きな利益となる部分がこちらの成功報酬。成功報酬の金額は依頼者が受け取れる金額の20~30%が相場。

弁護士の費用④ その他にかかる可能性のある費用

上記①~③以外でかかる費用としては、日当と実費がありますが、これは安く抑えていたり、またかからないこともあります。弁護士にかかる費用を見て、「料金体系が不透明で分からない」と感じるかもしれませんが、そこは弁護士。ご安心ください。実際にかかる費用は相談時にしっかりと明確に教えてくれます。

退職代行にかかる弁護士費用はどのくらい?

退職代行にかかる弁護士費用はどのくらい?

では、実際に退職代行を弁護士に依頼する際にかかる費用は、どのくらいなのでしょうか。上記①~④が弁護士に依頼する際の費用ですが、実は退職代行の場合は「一律〇万円」となり、具体的には「5~8万円」となります。おそらくこれを聞いて「えっ、そんなに安いの?」と驚いた方もいることでしょう。しかし、その通り、退職代行の依頼にかかる費用は安いです。話がうまくまとまれば1本の電話で済みますし、基本的に弁護士に反抗する企業はありません。また、1日ですめば日当はかかりませんし、電話で解決できるので出張費などの実費や交通費もかかりません。ちなみに退職代行を弁護士ではなく民間業者に依頼した場合は、3万~6万円が費用相場となります。それほど変わりませんよね。

そのため、どの弁護士事務所も退職代行を請け負っている、というわけではありませんので、退職代行を弁護士に依頼する際は、実績のある弁護士事務所を探すようにしましょう。

退職代行の依頼でその他にかかる弁護士費用は?

退職代行の依頼でその他にかかる弁護士費用は?

退職代行を弁護士に依頼したとき、上記の「一律〇万円」以外にかかるとしたら、どんな費用でどんな場合なのでしょうか。

別途かかる弁護士費用は「金銭が直接かかる交渉」

例えば「パワハラで相手を訴えたい」、「示談金でもいいので慰謝料を請求したい」、「未払いの残業代を請求したい」といった場合にかかります。ただし、こちらは上記のような着手金やら日当やらではなく、成功報酬で20~30%、もしくは「一律5~10万円」程度に設定しているところが多いようです。

退職代行をは弁護士に依頼しよう!安い費用で対応してくれる!

退職代行をは弁護士に依頼しよう!安い費用で対応してくれる!

今回ご紹介したように、弁護士に退職代行を依頼したとしても、5~8万円で対応してくれます。ちなみに、民間に依頼した場合は3~6万円の費用となるので、あまり変わらない結果となりました。
上記で紹介した弁護士費用は、あくまでも相場となりますので、実際依頼する弁護士事務所を決めたら、まずは無料相談に乗ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA