自動車ディーラー&整備士を辞めたい人が急増。いまから実行するべきこと

自動車ディーラー&整備士を辞めたい人が急増。いまから実行するべきこと

自動車ディーラーや自動車整備士は想像以上に過酷な職種と言われています。上司からのパワハラや36協定を越えた超過勤務。心身ともにぼろぼろです。そこで、今回は自動車関連のディーラーと整備士で働く人の中で、「いますぐに辞めたい!」方に向けて、いますぐ実行に移すべきことをご案内します。

自動車ディーラーをいますぐ辞めるべき職場環境とは?

自動車ディーラーをいますぐ辞めるべき職場環境とは?

自動車ディーラーで働いている人の中には、「いまの仕事を辞めたいけれど、本当に辞めるべきか迷っている」という人もいます。そこで、ここではいますぐ辞めるべき職場環境を下記にご紹介します。

先輩上司からパワハラを受けている

自動車ディーラーの事務所の先輩上司からパワハラやモラハラ、いじめといった類の仕打ちを受けている場合は、辞めたいときにすぐに退職するべきと言えます。

先輩上司はいまの職場環境が充実しているため、彼らが自ら退職するとは考えられません。自動車ディーラーは数年に一度近場に異動があることも多いですが、心身をすり減らしながら辞令を待ち続けるわけにもいきません。

残業が多く土日祝が休みではないことに不満を持っている

自動車ディーラーは常に数十人の顧客を有しており、平時は客先周りをしている一方で、窓口業務や雑務も仕事ボリュームは多めです。そのため、毎日残業続きはもちろん、帰りも夜21時22時になることもざらにあります。

さらに、自動車ディーラーという職場柄土日祝は出勤となるので、子供を持っている既婚者は、なかなか家族サービスができないのも本音です。

上記はいずれも自動車ディーラーで働いている限り、問題解決は困難となります。後者に関しては本社勤務になれば土日休みにはなりますが、給料が低くなる傾向にあります。そのため、上記理由に自動車ディーラーを辞めたいと考えている場合は、迷っていても仕方ありませんので、いますぐに退職するといいでしょう。

ディーラー整備士を辞めたい理由は?

ディーラー整備士を辞めたい理由は?

一方で自動車のディーラー整備士で働く人も、辞めたいと感じている方が多くいるようです。一般の整備士と比較すると給料は高めですが、その分残業も多く、またミスをすると先輩上司によっては暴力や暴言といったパワハラを受けることもよくあります。

また、収入面も民間整備士と比べてマシというだけで、一般のサラリーマンと比較すると低めとなります。その上土日休みもないため、カーディーラと同様にプライベートの充実が難しい側面があります。

自動車ディーラー&整備士を辞めたい場合に明日から実行すること

ディーラー整備士を辞めたい理由は?

自動車ディーラーや整備士を辞めたい場合は、通常の流れであれば、社内規則に則して退職届を出すことになります。しかし、ディーラー&整備士の中には「いますぐに辞めたい」、「明日出勤するのも苦痛」と悩んでいる人もいます。

そこで、明日にでも出社したくない、と言う人がどのような行動に移すべきかをご案内します。

会社の社内規則は無視しても大丈夫?トラブルにならない?

会社の社内規則の退職の手順を確認してみると、「退職届は退職日の3か月前に提出」、「上司と人事の判子を貰う」といった条件がルール化されていますが、法律上では上司や人事といった然るべき担当者に退職の旨を伝えるだけで、2週間後に労働契約を解除することができます。

法律は社内規則の上位に位置するため、法律をかざして退職する場合は、社内規則を無視することができます。

退職代行に依頼するのも1つの手段として有効

退職代行とは、依頼者に代わって退職の手続きを請け負ってくれる代行業者となります。退職代行業者には一般の民間業者と弁護士があり、弁護士であれば残業代・退職金、パワハラの慰謝料といった各種請求も代行してくれます。民間と弁護士ではサービスの流れはまったく変わりありませんし、料金も2万円前後しか変わらないので、できれば弁護士に依頼した方が確実となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA