退職代行を使っても辞められないことはある?失敗例など

退職代行を使っても辞められないことはある?失敗例など

ブラック企業を辞めたくても自力では辞めれない。そんなときの解決方法として「退職代行」が挙げられますが、退職代行を使っても辞められないことはあるのでしょうか。今回は退職代行の失敗例やうまくいかなかった体験談などをご紹介します。

退職代行を使って辞められないケースは「本人と会社側が対話してしまう」

退職代行を使って辞められないケースは「本人と会社側が対話してしまう」

退職代行を使っても辞められないケースの1つとして挙げられるのは、依頼者本人が会社側と折衝してしまう場合です。退職代行を使ったあとは、原則会社の先輩上司や担当部署、社長とは会ってもいけませんし、電話での会話もNGとなります。電話がたくさんかかってきても、基本は無視をするか、「退職代行の担当と話してください」としか言ってはいけません。

なぜなら依頼者や往々に法律に関する知識が不足していますし、パワハラ上司など会社の人から脅されるようなことを言われたら、それについ従ってしまうからです。
「退職代行を使って状況を悪くしているのは貴方の方だよ」
「退職代行の利用が終わったら、正式に損害賠償請求をするからね」
「社長が直接会って話せば、話をいい方向へ持っていくよ」
などと言われたら、ついつい話に乗ってしまいます。退職代行は交渉を代行するため、もし本人が一時の気の迷いから「もう退職代行は大丈夫です。なんとかこちらで解決できそうです」と退職代行を断ってしまったら、代行業者はそれ以上何もすることができません。

このような場合、結局会社を辞めることに失敗、もしくは辞めることはできても、退職日までいびられる毎日を過ごし、残業代や退職金も出ず、有給休暇も使わせてくれない、そんな条件をなくなく呑むことになりそうです。

ブラック企業相手では退職代行でも辞められない?業者の連絡を無視される

ブラック企業相手では退職代行でも辞められない?業者の連絡を無視される

ブラック企業が相手の場合は、退職代行業者も法律の専門家である弁護士事務所への依頼が必要です。一般の民間業者や労働組合加盟の退職代行業者は、いずれもブラック企業には太刀打ちすることができなく、辞められないケースが多くあります。業者からの連絡がすべて無視されたり、一向に退職の手続きをしない、「損害賠償を請求するために訴える」と頑なに業者の介入を拒んでくる場合、弁護士以外ではどうすることもできないのが現状で、平行線を辿るだけで、依頼者はいつまで経っても辞められない状況に陥ります。

もちろんそのようなブラック企業は全体から見ると少数ですが、その一方で、そのようなブラック企業で働いている人が、藁にも縋る思いで退職代行に依頼してくるものです。

悪質な退職代行に依頼すると辞められないことも多い

悪質な退職代行に依頼すると辞められないことも多い

退職代行業者に依頼したものの、分が悪くなったためか、突然契約打ち切りのメールが届き、こちらから連絡をとってもすべて無視。結局会社の上司に呼ばれ、さんざん嫌味や叱咤をされて自力で退職……、といった問い合わせも実は時折当サイトに届きます。

退職代行業者とはLINEのテキストチャットで連絡を取り合うのが普通なので、電話をしても通じないのが普通ですし、テキストチャットも既読スルーであれば、手の打ちようがありません。

退職代行の「弁護士監修」の落とし穴。辞められないこともある

退職代行の「弁護士監修」の落とし穴。辞められないこともある

退職代行業者の中には、「弁護士監修」、「顧問弁護士」を謳っているところもあります。しかし、弁護士が監修していても、業者の顧問であっても、実際交渉することができるのは弁護士となりますし、このような退職代行業者は、マージンを弁護士に支払って名前を使わせてもらっているだけであることがほとんどですので、実際の交渉に弁護士が当たるわけではありません。

そのため、仮に話がこじれて裁判に発展しそうになったり、相手企業が有給を使わせない、残業代や退職金を払わない、といった暴挙に出たとき、これらの退職代行業者は打つ手がなくなり、依頼者も辞められない事態に陥ります。

退職代行でも辞められないことはある!だからこそ業者は吟味して選ぶべき

退職代行でも辞められないことはある!だからこそ業者は吟味して選ぶべき

今回ご紹介したように、退職代行に依頼しても辞められないことがあります。退職代行業者も年々増えてきており、価格競争も激化しておりますし、一般の民間業者が労働組合に加盟して付け焼刃の交渉術を振りかざす場面も見られます。これから真剣に退職代行に依頼することを検討している方は、万が一辞められないことも考慮して、価格だけで決めるのではなく、本当に辞められる業者に依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA