信用情報の異動削除を弁護士に依頼するべき人と注意点

信用情報削除の依頼をするときのポイントと注意点

信用情報の異動削除を弁護士に依頼する際は、まずは自分で確認するべき事項があります。信用情報の異動削除依頼は原則弁護士となるので、費用が掛かる前に確認しておくといいでしょう。今回は信用情報の異動削除依頼に関する注意点やポイントをすべてご紹介します。

信用情報の異動を削除したいけど、弁護士に依頼すればすべて解決するの?

信用情報を削除したいけど、弁護士に依頼すればすべて解決する?

「信用情報の異動を削除したいけど、弁護士に依頼すればすぐに削除してくれるのかな?」という問合せをよくいただきます。実際にどこの弁護士事務所でも、信用情報の異動削除依頼は請け負っています。しかし、「どんな場合でも削除できる」というわけではありません。もし自分がそもそも論として信用情報の削除対象になっていないのであれば、弁護士に相談しても意味がありませんし、カードやローン審査が通らない理由は別のところにあるはずです。また、自身で何の調査もしないで弁護士に依頼すると、弁護士によっては初回相談料+信用調査の実費費用をとられてお終い、ということにもなりかねません。

そのため、弁護士に依頼する前には、「自分が信用情報の削除に該当するかどうか」を確認するといいでしょう。

信用情報の異動の削除依頼を弁護士にするべき人

信用情報の削除依頼を弁護士にするべき人

信用情報の削除依頼を弁護士に依頼するべき人は下記となります。まずは自分が該当するかどうか確認してみるといいでしょう。

  • 10年間起訴されていない
  • カードの支払いを怠ってから5年以上経っている
  • 自己破産してから5年以上経っている
  • クレジットカードがなぜか作れないが、まったく身に覚えがない
  • なぜか住宅ローンが通らない。不動産担当者から「異動になっている」と言われた
  • 昔消費者金融を利用していたが、すでに完済しているにも関わらずカードが作れない、ローンが通らない

上記のような場合は、信用情報の削除依頼を弁護士にすることによって、クレジットカードが作れるようになったり、住宅ローンの審査に通ることがあります。

クレジットカードが作れない原因は信用情報の「異動」が原因

クレジットカードが作れない原因は信用情報の「異動」が原因

クレジットカードが作れなかったり、ローンを組むことができない、消費者金融からお金を借りることができない場合は、自分の信用情報が「異動」となっている可能性が高いです。住宅ローンは条件によっては異動でもローンを組むことができる可能性がありますが、基本的にクレジットカードを作ることはまずできません。

信用情報とは自分のクレジットカードの支払い履歴が載っている紙で、CICのような信用情報機関に問い合わせることによって確認することができます(WEB上で申し込み、後日郵送で送られてくる)。

この信用情報に「異動」とあると、いわゆる「ブラックリストに自分が入っている」ことを意味しますので、何とかしなければなりません。「でも消費者金融から借りたお金は全部返しているはずだよ」、「確かに昔リボ払いをして、支払いが追い付かなくて半年くらい支払いが遅くなったけど……」という人は今一度確認が必要です。3か月以上カードの支払いが遅れてしまった場合、信用情報では、「異動」となります。

最近の若者でよくありがちな信用情報に異動がつく例

最近の若者の間で、身に覚えのない信用情報の異動の例が多くあるようですが、これらのほとんどの原因は「スマホ代」です。スマホの通信料は信用情報には含まれないのですが、通信料と一緒にスマホ本体端末の分割払い分が含まれている場合がありますよね。こちらを3か月以上延滞してしまうと、信用情報に異動がついてしまいます。

これがクレジットカードが作れない直接の原因となります。上記例であれば数か月から1年程度で異動が消えることもあるのですが、通常、消費者金融に借りたお金の延滞やカードの延滞の場合は、この異動を消すために、完済後5年が経たないと削除対象になりません。

信用情報側のミスで異動となることもある

弁護士はなぜ信用情報の削除ができる?

信用情報の異動は、上述した項目に該当する場合は削除を要請することができます。最後の支払いから5年が過ぎた場合も、自動的に信用情報から異動が削除されるわけではなく、こちら側が「時効援用」という主張を信用情報機関に主張しなければなりません。それには弁護士の力が必要となるわけです。

また、それ以外でも信用情報機関側のミスがある場合はすぐに削除してくれます。例としては下記が考えられます。

  1. 同姓同名で間違って異動が登録されている
  2. 信用情報機関の修正ミスで、5年経っても異動を消し忘れている
  3. クレジットカード被害(スキミングや盗難後に勝手に使われた)を放置していた場合

上記の内クレジットカード被害は、所有者が被害に遭ったあとにしっかりとカード会社に連絡していれば止められることですが、スキミングだと自分が被害に遭っているかも分かりませんし、カード会社から連絡がなかったり、通知に気づかなかったら、3か月過ぎてしまい、信用情報が「異動」となってしまいます。

そんなときは弁護士に依頼することによって、自分に代わって信用情報機関に連絡をとってもらい、異動の削除依頼をしてもらうことができます。また、金利18~20%以上の利息は利息制限法によって禁止されているので、これ以上の金利を5年以上払っている場合は、元本を完済していることになりますので、こちらも信用情報の削除依頼を出すことができます。

元本を完済してるはずなのに、信用情報の異動が削除できない!この理由は?

元本を完済しており、さらに5年の年月が経っていれば、信用情報の異動削除は可能となります。もし、それでも異動が削除されていないのであれば、それは元本がまだ返しきれていないということになります。借金が残っているということなので、残す手段は任意整理と言うことになりますので、弁護士とよく相談をされるのがいいでしょう。

信用情報の異動の削除は弁護士に!まずは無料相談してみよう

信用情報の削除は弁護士へ依頼

信用情報を削除したい場合は、ここで紹介したように、まずは自分で自分の信用情報を取り寄せて、「異動」になっているかどうか調べてみましょう。もし異動になっていて、なおかつ上述した条件に当てはまる場合は、弁護士に相談して削除依頼をするといいでしょう。ただ、弁護士に依頼しても、削除には2か月ほどかかりますので、気が付いたら早めに行動するのがおすすめです。

信用情報の削除に強い弁護士は「みやび」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA