退職代行を弁護士に依頼すると即日に辞めることはできる?

退職代行を弁護士に依頼すると即日に辞めることはできる?

ブラック企業のため自力で辞めることが困難な場合、近年注目されている退職代行を利用するのが効果的。もし弁護士に依頼したら、即日に辞めることができるのでしょうか。

「辞める=退職」ではなく、「辞める=会社に行かない」であることを覚えておく

「辞める=退職」ではなく、「辞める=会社に行かない」であることを覚えておく

これは民間の退職代行でも同じですが、「即日退職」というのは、基本的にあり得ません。ここでいう退職は、会社を正式に退職するのではなく、翌日から会社へ行く必要がない、という意味となります。また、業者によっては、この即日退職を「その日中に企業に連絡する」という意味合いで使っているところもあります。注意書きを見れば分かるのですが、なんとも騙されやすい謳い文句であることには変わりありません。

弁護士に退職代行を依頼すると、即日に辞められる?

弁護士に退職代行を依頼すると、即日に辞められる?

上記のことから、例え弁護士に依頼したとしても、即日に辞めることはまず不可能です。しかし、一両日中に対応してくれるのであれば、翌日から会社へ行く必要はないので、「お前退職代行なんかに依頼しやがって!」と怒鳴られる心配もなければ、嫌な上司と顔を合わせることもありません。すべて「弁護士を通してください」で済みます。

退職代行を依頼する場合は、退職金&有給休暇の問題を解決しよう。やっぱり弁護士がおすすめ!

退職代行を依頼する場合は、退職金&有給休暇の問題を解決しよう。やっぱり弁護士がおすすめ!

退職代行を依頼する場合、ただ辞めるだけ、というケースはあまり多くはありません。実際会社員を辞めるとなると、退職金や有給休暇、当月分の給料といった金銭支払いの義務が会社側に生じます。民間の退職代行業者はこれらの交渉は法的にできませんし、グレーゾーンをくぐって可能だとしても、交渉の経験がない業者がほとんどですし、何よりも正式な請求ができません。そのため、金銭にまつわる問題がある場合は、基本的に弁護士事務所に依頼することになります。

退職代行を弁護士に依頼するポイント。即日は無理でも対応の速度は超重要!

退職代行を弁護士に依頼するポイント。即日は無理でも対応の速度は超重要!

退職代行を弁護士に依頼する際のポイントとしては、記事のテーマにもなっている「即日」が重要となります。上述したように即日に退職は難しいですが、即日もしくは一両日中に対応してくれるかどうかは、ブラック企業で働き、一刻も早く辞めたい人にとっては非常に重要です。

弁護士はさまざまな案件を抱えていて、案件によって優劣を付けて対応します。そのため、大手の弁護士事務所では対応が遅れることもしばしば。できれば退職代行の実績が多く、積極的に引き受けてくれる弁護士を探してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA