工場勤務をすぐ辞めたい時の方法【新卒・高卒・大卒向け】

工場勤務をすぐ辞めたい時の方法【新卒・高卒・大卒向け】

工場は職場によって大きく労働環境が変わる業種の1つです。特にこれまで学生だった新卒・高卒・大卒の人たちの中には、勤務して3か月前後で「いますぐにでも辞めたい」、「明日から工場に行きたくない」と思う人も少なくありません。そこで、ここでは工場勤務をすぐに辞めたい場合の解決方法をご紹介します。

工場勤務はブラック企業?職場環境や待遇など

工場勤務はブラック企業?職場環境や待遇など

工場勤務の正社員における平均年収は300~400万円となります。日本のサラリーマンの平均年収が460万円となるので、多くの工場勤務の方は平均を下回る形となりますが、工場の中でも業界やメーカー請け負いの有無によっては年収は最高で500~800万円ほどに上がります。業種や工場によって生涯収入に数千万円の差が出るため、勤務先の工場の選定は非常に重要となります。

工場勤務後3か月で辞めたい!新卒・高卒・大卒には厳しい現実

工場の勤務先では、みんなで和気あいあいに仕事をする、といったムードでは到底ありません。納期は絶対厳守ですし、メーカーから請け負う工場は納期間近になると休みもなくなります。もしミスがあったりすると、さらにルールが厳格化され、より工場勤務の負担が増え、負のスパイラルに陥ることになります。

手に職を持つ技術職ということで、新卒・高卒・大卒の人の中には憧れを持ったり、「いずれ起業をしてお金を稼いでやる」と野望を持っている人もいるでしょうが、多くは3年未満で辞めたいと考えるようになるようです。また、なかなか我慢ができない、あるいは工場の勤務先がブラック企業で闇が深い場合は、3か月程度で「もう明日から行きたくない」と思うようになる人も少なくありません。

工場勤務はパワハラやモラハラも横行

工場勤務を辞めたいという人の多くは、日ごろ職場で先輩上司からパワハラやモラハラを受けています。少しのミスや仕事が遅いだけで暴言を吐かれたり、人格を否定されることもあります。また、小規模工場では工具を自前で購入させたりする職場もあります。

工場勤務の人は法律の知識に疎い人が多いため、先輩上司によるパワハラに対してもなす術なくひたすら我慢を強いられているのが現状にあります。

工場勤務をすぐに辞めたい!そんな人はどうするべき?

工場勤務をすぐに辞めたい!そんな人はどうするべき?

工場勤務をしていて、「もう仕事を辞めたい」と考えている人の中には、「辞めたいけど辞められない」状況に陥っている人もいます。退職の旨を工場の上司に伝えたら、「根性が足りない」、「そんな簡単に辞められると思うな」と退職届を破られたり、余計にパワハラが悪化するケースも考えらえます。

そのような状況に置かれている方は、「退職代行」に依頼してみるのはいかがでしょうか。

退職代行を利用すれば辞めたいときに工場勤務を退職できる!

退職代行を利用すれば辞めたいときに工場勤務を退職できる!

退職代行に依頼すると、2週間後(例えば1日に依頼したら、14日以降)であれば自由に会社を退職することができます。これは民法627条の「退職2週間の法則」を利用したものとなります。どんなにパワハラをしたり理不尽な上司、会社であっても、法律に逆らうことはできません。

また、退職代行に依頼した日以降は、上司や会社から依頼主に電話があっても、すべて無視することができます。退職代行の担当者が会社に連絡をしたその日から依頼主は出社をする必要がなくなりますので、ストレスなく退職することができるのが退職代行を利用する一番の魅力となります。

いまの工場勤務を辞めたい人が考えるべきこと

いまの工場勤務を辞めたい人が考えるべきこと

工場で働く先輩上司がブラック体質で、辞めたいとなかなか言い出せない環境で働いている方は、自力で工場を退職するのは難しい可能性があります。いやいや工場に毎日出勤しているようならば、いつか心の病に伏してしまいます。

技術職は一度手に職を持てば、一生職に困ることはありません。そのため、いまの工場はきっぱりと退職して、もっと職場環境のいい工場を探してみてはいかがでしょうか。

退職代行を請け負う「みやび」は、弁護士業界の中では断トツの業界知名度を誇る弁護士事務所。

【特徴】
「料金は一律5万円」、「どんなブラック企業でも退職可能」、「LINEテキストで依頼可能」、「LINEで無料相談」、「有給消化・未払いの残業代・退職金請求可」
>>依頼・HPはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA